初の一碧湖&初フィッシュ(トップウォーター)は素直に嬉しかった!百景園さん有難うございました(*´ω`*)!

明日から初の博多出張となります。

 

仕事はかなり大変なスケジュールになっていますが、夜ご飯何を食べようかで既に頭が一杯です(笑)

 

夜の街も気になりますが(爆)、、

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

一碧湖に行ってきた!

さて、先日の土曜日に静岡県にある噂の一碧湖に行ってきました。はい、レンタルボート店を運営する百景園さんが11月一杯で閉園するとのことだったので急遽時間をつくりました。理由は、レンタルボートでの釣りが出来なくなってしまうかもしれない前に釣りをしておきたかったのです。

 

もしも今後釣りが出来なくなってしまうケースがあるのなら、バサーとしては一度訪問はしておきたいですよね!当方はそういうタイプのアングラーなんです。

 

伊豆の一碧湖で唯一のレンタルボート店である「百景園」が2018年11月30日閉店(*_*)嘘でしょ!?

2018.10.26

 

百景園さんから出撃

ちょっと店主の方と閉園理由について聞いてみましたが、どうやら全国的に問題にもなっている「釣り人が来ない」ことに起因するようです。具体的にヘラブナ釣りの人がどうこう、バスの人がどうこうという話はありませんでした。

 

今後の件についえては、店主の方から控えてほしいと言われているので、今回は内容を記載しません。

 

ですが、一旦事が落ち着いて発表出来るようになったら百景園さんのHPにて御連絡があるようです。まずは今月一杯待ちましょう!

 

百景園閉鎖後は一碧湖が釣り禁止に!?静岡県伊東市市役所の観光課に現状確認してみた^^;

2018.10.30

 

この発表が出たら、当ブログでも御紹介していきます。

 

スポンサーリンク

手漕ぎボートは準備が超絶に楽(笑)

何時もはレンタルボートにエレキやらハイデッキやらを積む所謂関東レンタルボートスタイルを実施している当方ですが、本日はエレキ使用不可の為手漕ぎボートでの出船となりました。

 

手漕ぎレンタルボートで楽しむ!雨天時の三島湖バス釣りは最高にワンダフルだった\(^o^)/

2018.06.29

 

普段なら、家→車、車→レンタルボート、レンタルボート→車、車→家の4回もエレキ、バッテリー、ハイデッキやらを運ぶのですが、今回の釣行は超絶に楽でしたでね。できれば、このままずっとレンタルボートはフルリグの完全レンタルボートにしたいなと想うくらいでした。

 

積んできたのは飽くまで、タックルボックス、ロッド位のものです(笑)

 

【保存版インプレ】メイホウのバーサスVS3078とVS3080の違い(*゚∀゚)購入の参考までに!★

2017.09.19

 

 

激渋だったけど、あるエリアだけ魚影あり!?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lake Ippeki. Very difficult lol.. #bassfishing #fishing #lod #reel #daiwa #shimano #lure #sabuism #一碧湖 #バス釣り #レンタルボート #ダイワ #シマノ #釣り #サブイズム

Sabuism (YOICHIRO HARA)さん(@sabuism)がシェアした投稿 –

とりあえずはレイクを2周しました(笑)

 

でっ、最初はこの鳥居周りから。アングリングバスの田沢さんからもおすすめと聞いていたので、このエリアに真っ先に入りました。

ですが、厳しかったですね(笑)鳥居から2m位は激シャローでそこからブレイク。ただし、バスの姿は見れませんでした。3回位は入り直したんですがね。(笑)

 

その奥のワンドにも突入。ここも3回入り直したんです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三回入り直しのワンド(笑) #bassfishing #fishing #lod #reel #daiwa #shimano #lure #sabuism #一碧湖 #バス釣り #レンタルボート #ダイワ #シマノ #釣り #サブイズム

Sabuism (YOICHIRO HARA)さん(@sabuism)がシェアした投稿 –

バスが居そうな場所でしたが、不発。全く反応なしで、この右手にあるカバーから根魚フラット2インチダウンショットにキスバイトのみがありました。

 

あっ、これです。このカバーから超コバス君が1回めの時に出ましたが、乗らず。

 

この立木?杭?なんかは釣れそうな感じがしたのですが、さっぱり。ヘビーダウンショット、メタルバイブで攻めまくりましたが駄目でした。

 

ここは2回入り直しました。

 

そして昼頃にこのエリアに来た時に、唯一バスの姿を確認することができたんですね。鯉も沢山いて活性の高そうなエリアでした。ここは最後にまた行こうと思っていました。

 

トップウォーターで可愛いバス君が!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

At last, I caught a Ippeki fish with Lucky Craft MALAS and NOBORDER apparel. 小さいけど、何とか1本ラッキークラフトのマラスの表層で初の一碧湖フィッシュを捻りだしました!それにしても本日は厳しかった(笑)あつ、本日もですね(笑)😁NOBORDER アパレルと先日購入した16スティーズブリッツも無事に入魂‼️最初で最後になる一碧湖でしたが、なんとか楽しめましたo(^o^)o百景園さん有難うございました🙇‍♂️ #bassfishing #fishing #lod #reel #daiwa #steez #shimano #lure #NOBORDER #nbdsqd #sabuism #一碧湖 #スティーズ #16ブリッツ #ラッキークラフト #マラス #百景園 #バス釣り #レンタルボート #ダイワ #シマノ #釣り #サブイズム

Sabuism (YOICHIRO HARA)さん(@sabuism)がシェアした投稿 –

最後の最後レンタルボート終了時間ギリギリで、なんとかラッキークラフトのマラスの表層首振りアクションに出ました!

 

周りも見る限りでは釣れていなし、もう仕方ないかなとも思っていたのですが、それでは悔やんでも悔やみきれない!と思い、魚影の濃かった桟橋近くの護岸エリアへ行くと更に鯉が増えていて明らかに動きが活発でした。

 

そして、やはりいたんですね、バスがその中に。

 

でっ、岸際が浅かったので、トップウォーターとサブサーフェイス機能を兼ね備えたマラスを使用することにしたんです。今はもう廃盤のルアーですが、最高の動きをします。

 

カバー下に投げ込んで左右に180度ターンさせながら数アクションすると、見事に水面を割ってこの子が来てくれました!

 

やはり最後まで諦めないことが大事だと思いましたね。

 

新しく購入したダイワの16スティーズのブリッツと、NO BORDERアパレルにも無事に入魂できたのが最高でした!

 

初場所での初フィッシュは本当に嬉しいものです。

 

 

手漕ぎボート必須アイテム

最後にあると便利な手漕ぎレンタルボートアイテムを2点挙げておきます!きっと参考になると思います。

 

ポータブル魚探

魚探はエレキに着けたままなので、わざわざ外して持ち歩くのもいやだったので、こちらを使用。これはアメリカの手漕ぎレンタルボートの際にも常に使用していました。単4電池4本で1日持つ水深のみ分かる魚探。

 

これがあるとないとじゃ大違いです。水深が分かるだけでもその日のエリア絞りに役立ちましたね。

 

当方のよりももう少し良いモデルが今は発売されているようです。

 

グリップ付きグローブ

あとは内側に滑り止めの付いた手袋!これはボートを漕ぐオールをしっかりと握るために必要です。グリップになるものが付いていれば何でもいいのですが、無いものはつるつると手が滑るのでNG。

 

特に長距離異動は手に負担をかけますし、上手くオールを漕ぐこともし辛いです。是非お持ち下さい!

さて、11月30日で一碧湖の百景園が閉まります。あと、25日位は釣りが出来ます。

 

この記事を読んで行ってみようかなという人がいれば、幸いです。

 

今後どうなるのか、本当にわからないので、バス釣りを愛する方は行くことをおすすめします。

 

なんせブルーギルが最初に放流された意味ある伝統的なレイクですから。。

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism