エリートプロのジャレッドリントナーが優勝!【速報 Day3】2018バスマスターオープンチャンピオンシップ@テーブルロックレイク in ミズーリ州(10/18-20)★

本当に良い天気ですよね、今日は。

 

あまりの天気の良さに横浜にお買い物へ。有意義な日曜日を過ごせました(^o^)

 

こんにちわ。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster HPより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

ジャレッドリンターが見事に優勝!

2018バスマスターAOYチャンピオンシップ 最終戦はジャレッドリントナーが10lb-15をウェイインし、合計37lbで2位のブランドンレスターに約2lbの差をつけて見事に優勝しました!

 

ジャレッドリンターはバスマスターエリートで2018年活躍していましたが、2019年はバスマスターエリートからメジャーリーグフィッシング(MLF)のバスプロツアーに転向するプロの一人です。

 

MLFのHPより

Jared Lintner

Partnering up with long-time friend Mike McClelland, Lintner went live on Instagram Tuesday evening to announce he was making the switch to MLF in 2019. He’s excited to fish the format and experience what he believes is the future of the sport.

 

メジャーリーグフィッシング関連の記事はこちらへ↓

【メジャーリーグフィッシング】がMLFバスプロツアー創設を発表!賞金がB.A.S.S.とFLWを超えるツアーに★

2018.09.26

 

【考察】2019バスマスターエリートの緊急対応はメジャーリーグフィッシングのバスプロツアーの影響か?

2018.09.23

 

【速報】80名のMLFバスプロツアー移籍メンバーが遂に確定★

2018.10.04

 

大森貴洋・深江真一の両名は揃ってメジャーリーグフィッシング(MLF)のバスプロツアー(BPT)に移籍★

2018.10.02

 

B.A.S.S.記者目線

今回の大会は3日間を通じて、キーは天候にあったと記者のクレイグラムは記載しています。

 

どういうことなのか?

 

大会が行われたのは、木、金、土の3日間。そして初日の木曜と最終日の土曜日は季節外れの温かい日でした。金曜日だけが肌寒い雨が降ったのです。それで、バスの活性が上がったんです。

 

りんトナーを含む全員がバスのポジションが秋の移行期で、ディープからシャローに移動していると分かっていました。

 

でっどうやらバスの移動ルートから推測するに、急な斜度のショアラインにバスが密集していることを発見し、同様のエリアをトーナメントの間に攻略して行きました。これがキーとなりました。

 

初日はウェイン場所から45マイル離れた場所であったので、残り2日間はウェイイン会場に近い場所を探して順当にサイズを揃えました。特に最終日は8:30までにはリミットを揃えましたが、上述したように天気が急に晴れて無風かつ水面が穏やかになり、バイトが遠のきました。

 

彼の使用ルアーはこれら。

SPRO RK CRAWLER 55クランクベイト

ジャッカルMC/60

 

 

3/4オンスジグ+ストライクキングレイジバグ

これはバスのトランジッション場所近くの孤立したシダーツリー等があった時にフリップしていたようです。

 

リントナーのテクニックは冬場のテネシー中西部ネイティブエリアで頻繁に使用されているテクニックでした。

 

それは、軽量のジグをディープウォーターのストラクチャーを横切らせるもの。呼び名は、「Tight Lining」

 

バイトさせるには、「ほとんどルアーを動かさない」ことが重要なようです(笑)苦手だな(笑)

 

これはまた別で解説したいと思います。参考までに動画をつけておきます。

このテクニックを使用し、ディープの切り立った場所が岩場や、砂利のショアラインのストラクチャー切り立った場所に変わる場所での釣りにシフトもしていました。

 

スポンサーリンク

AOYチャンピオンシップ最終TOP12ランキング

最終TOP12ランキングは上記のようになりました。

 

 

2019バスマスタークラシック

2019バスマスタークラシックは3月15日~17日で開催されます。今回は当方も良く行っていたノックスビル。このテネシーリバーが開催地となります。

 

でっ、今回のAOYチャンピオンシップ勝者であるジャレッドリントナーとイースタンオープン&セントラルオープンのAOYランキング上位3名の計7名が出場となります。

 

さあ、来年のバスマスタークラシックが楽しみですね!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism