大森貴洋プロがフロリダのシャローフラットグラスエリアで好んで使用するブレード付きワームが興味深い(*^^*)

三連休最終日の夜です(笑)

 

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね^^; まあ、今週も4日終わればまた週末です(*´ω`*)何とも幸せな時間です!

 

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Major League Fishing HPより画像を拝借。

スポンサーリンク

 

大森貴洋プロのお気に入りリグ

大森プロの興味深い動画がメジャーリーグフィッシングのHPに掲載されていたので、紹介回したいと思います。

 

大森プロがフロリダのレイクで好んで使用するのが、このブレード付きセンコーのようです。

 

[ad#ad1]

センコーテキサスリグにブレード?

動画の動きが結構早いので、すこーし自分でもリグってみました(笑)ここに後はペグ止めがつきます。

 

リグの後部に付属するブレードについては、ねじ込み式かと思われます。

 

下記はエコギアのブレードスピン。このようなものに、コロラドを装着しているように見えます。

 

 

「自分の釣りにコンフィデンスを!」大森貴洋 2018年エリートシリーズ@レイクマーティン戦の本人執筆記事!

2018.02.17

 

何故ブレード付きか?

フロリダの水は所謂ブラキッシュカラーと呼ばれている水色です。ブラキッシュカラーは黒みを帯びた朱色ということで、赤黒い感じの水質です。

 

このような感じです。

少し位水の色のため、水中でバスにアピールする必要があります。このリグはブレードのキラキラ具合が遠くのバスの注意をも引きつけると大森貴洋プロは言ってます。

スポンサーリンク

 

日本のグラスエリアで使用する機会が多いテキサスリグの巻き巻きにフ、ラッシング効果を加えたリグって感じでしょうかね。

 

[ad#ad1]

使い方は?

キャストしてボトムを切り、這っているように超スローに巻いてくる。でもボトムをズル引きしてくるわけではないようです。

 

フロリダのどのようなタイプのグラスでも良いけど、シャローフラットにグラスが絡むエリアで多用する釣りのようですね。

 

これはウィードの多い山中湖とか似たようなエリアでは応用出来るかもしれないですね(*´ω`*)

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism