バス釣りに行く際に車の中で聴くのはどんな音楽?テンションはアゲアゲ!?

釣りに行かれる際の車ってどんな車種に乗っていますか?

 

当方は実家の車を活用させてもらっているので、ホンダのロゴという超古い車種に乗っています(笑)以前は日産のエクストレイルでした。

 

車って釣りに行く際にはとても大事な空間です。そうワクワクで溢れているというか(笑)ということで今回は釣りに行く際の車内で聴く音楽についてすこーし語ってみたいと思います。

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

大学生時代に免許を取得

大方の人がそうだと思うのですが、大学生もしくは18を超えたら自動車の免許を取りに行くと思います。免許証は運転するのに必要か否かということだけではなく、証明書代わりにもなりますからもっていたら生活する上で利点も多いですよね。

 

当方も大学生の際に教習所の嫌味な教官にやられながらも何とか免許を取得し、津久井湖や相模湖に通っていたものです。

 

大学時代といえば、2000年前半。当時はバス釣りでは今江克隆が黒帯シリーズのビデオを発売して釣り業界が有る意味バブルのような時代でありました。

 

奥田民生とバス釣り

特にその頃奥田民生さんのイージュー★ライダーや花になれが最高に身内で流行っていました(笑)この音楽を朝の夜明け前からかけて釣りに行くと、なんだか自分も今江克隆になったような気分であったことを今でも覚えています(笑)

 

当方はあまり音楽に詳しくなく、未だに90年台のJ-POPを聴くような人間です。まあ、最近は洋楽のカルバンハリス、ジム・クラス・ヒーローズ、エド・シーランなんかも聴く機会が増えましたが、それでも昔に固執していると思います。

スポンサーリンク

音楽の力

音楽の力って凄いと思いませんか?その音楽を聞き出すと、たとえどんなに昔の曲でもその時の気持ちやシーン、はたまた匂い?まで思い出すことが出来ます。まあ、苦い思い出なんかもですがね(笑)

 

そういった意味で、我々バサーと音楽は切っても切れない関係であると思います。

 

【まとめ】バス釣りレンタルボート用品が積める車特集(実際に経験した1.3L~2.0Lの車)★

2017.10.28

 

スポンサーリンク

ココ最近のお気に入りは?

そんな当方ですが、最近は房総とかに行く時にスマホをカーナビ代わりに使用しています。で、車がボロい為スマホのグーグルプレイから手持ちの音楽をかけることが殆どになりました。

 

その中には、ZARD、浜崎あゆみ、m-flo、J-POPのミックスがメインで入っています(*´ω`*)

 

特にこれと言った指定の音楽はありませんが、夜明け前の釣り場に向かう時はやはりちょっとテンションの上がる曲をかけたくなります。という意味では昔から好きな浜崎あゆみは当方のトップ3には入りますね。実はコンサートに行ったこともあります(笑)一度だけですがね。

 

特に夏にはこの曲なんかは好きですね(笑)意外でしたかねww

 

さあ、今日は釣り場に行く際の音楽についてすこーし書いてみました。

 

皆さんのお気に入りの「バス釣り✕音楽」アイテムはありますか?

 

是非色々意見交換出来たら幸いです(*^^*)

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism