スマホ戦国時代!?金欠バサーのサブイズムは格安スマホのUQモバイルからヤフーモバイルへ乗り換え!その理由は?

いやあ、本当にあった怖い話2018でしたが、相当に怖かった(笑)

 

1年に1回これを観ないと夏が終わる感じがしないのは当方だけでしょうか_(┐「ε:)_

 

また来年も楽しみで仕方ありません(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

スマホキャリアはどこを使用?

ちょいちょい出てくるガジェット系の話ですが、今回のお話はスマホのキャリアについてです(*^^*)

 

一般的にアウトドアでは使用しないシティ派の方ではなく、今回はあくまでバス釣りをするアングラーを対象に記事を書いてみようと思います。

 

ところで、皆さんはどちらのスマホを使用されていますか?

 

ドコモ?au?ソフトバンク?格安スマホ?SIMフリースマホ?

 

特にバス釣りでは防水仕様はかなり重要なポイントになってきますよね。突然の雷雨や、バスを釣り上げた際の自撮り(笑)

 

あと、バサーの場合って個人的に思うのは、あまりスマホの機種を気にしないような気がします(笑)本当に勝手な推測ですが(笑)

 

それと、毎月のスマホの料金を浮かすことができれば、それだけ釣りに投資することができると思います。本記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

では、まずはキャリアのスマホから見ていきたいと思います。

 

【豆知識】お米(精米)でスマホ(アイフォン)カメラの水滴を完全除去!万が一の大雨でもこれで大丈夫!★

2017.10.18

キャリアスマホは高額?


(出典:ダイヤモンド・オンライン)

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは使用料金は下手すると1万円を超えることが多々あります。

 

ここでは、例えば家族割とか家庭のインターネットと併用での割引といったことを抜きにして、シングルで使用することを前提で試しに3社の料金を見積もってみたいと思います。後はMNP乗り換えで24時間かけ放題を付けて計算します。(全部は計算出来ないので、アイフォンXとスマホのみで計算)

 

ドコモ

下記のシュミレーションを用いて算出してみました。

 

【ドコモ】アイフォン・スマホ料金シュミレーション

 

アイフォンXでMNP(番号そのまま他社乗り換え)シュミレーションしてみると、金額は以下のようになります。

*24回分割払い
*スマホ容量64GB
*下取り無し
*かけ放題付き(定期契約有り)
*ウルトラデータLパック(20GB)

アイフォンXの容量が256GBの場合、24ヶ月まで13,311円/月となります。

 

また、アンドロイドスマホでは2018年の新作ソニーの「Xperia(TM) XZ2 Premium SO-04K」で計算した場合、24ヶ月まで同条件で11,826円/月となります。機種が約5万円なので、安い機種になればもう少し金額を抑えることが出来るかと思います。

 

au

auの場合もアイフォンXとスマホで計算してみました。下記より確認することが可能です。

【au】アイフォン・スマホ料金シュミレーション

 

アイフォンXの価格は以下のようになりました。

*他社から乗りかえ(MNP)
*iPhone X 64GB
*auフラットプラン20(カケホ)・・20GBの通信量
*電話かけ放題(24H)

 

1年目の料金はキャペーン割が適用されるため、▲1,000円/月とな10,080円/月なります。が、2年目以降はキャンペーンがなくなるため、11,080円/月になりそうです。

 

256GBのアイフォンXにした場合は、1年目10,460円/月、2年目は11,460円/月となります。

 

スマホの場合は、ソニーの「Xperia XZ2 SOV37」(定価はドコモ同様にほぼ5万円)で、以下のようになります。

1年目は8,145円/月となり、2年目は9,145円/月となります。条件はアイフォンXとほぼ同様です。

基本はカケホーダイ+auフラットプラン20をもとに計算しています。ただし、アップグレードプログラムEXを使用すればもっとお安くなります。その場合は1年目は6800円くらいになります。

 

スポンサーリンク

ソフトバンク

ソフトバンクでのシュミレーションは以下から見れます。

【ソフトバンク】アイフォン・スマホ料金シュミレーション

 

まずはアイフォンXの64GBと256GBから。

*かけ放題
*スマ放題
*ギガモンスター(20GBパケット)

上記で、10,845円/月となります。ソフトバンクの場合は、スマ放題ライトにするとまたお安くなります。

 

でっ,25t6GBの場合は11,425円/月となります。(条件は64GB同様)

 

スマホの場合は以下。機種は約7万円の「Xperia XZ」で計算。

スマホ、カケホーダイ、ギガモンスターで10,060円/月となります。

 

さあ、キャリア3社の見積もりを計算してみましたが、やはりお値段は1万円近くいってしまいます。

 

この見積もりは2018年の8月19日現在での価格になるため、当方のサイトでは価格を保証するものではありません。

 

あくまでシングルでの利用を前提としているため、ご家庭の状況や割引サービスの変更、過去からのキャリア歴を考慮した場合は価格が下がる場合はございますので、後は個々でご確認ください。

 

2年間UQモバイルを使用

当方の基本的な考え方として、スマホにお金をかけるのはもったいない!という考えがあります。特に周りで使用している方が月に1万円も払っていると聞くとびっくりしてしまいます。

 

ということで、以前はソフトバンクのアイフォンを使用していましたが、2016年にアメリカから帰国してからはUQモバイルに切り替え、2018年の8月まで使用していました。

 

機種は富士通のアローズM03 という機種を使用していましたが、防水・防塵でかなり便利でした。

 

スポンサーリンク

UQモバイルを使用した理由とメリット

さて、UQモバイルを2年間使用した結果を簡潔に下記にかいてみたいと思います。想像以上に良かったですよ(*´ω`*)実はこれが初の格安スマホの利用だったんです。

 

まずUQモバイルを選択した理由ですが、この時のお得なイメージとしては、「データ容量が2倍になる」、「スマホ割引が1年のみある」、「データ量を繰り越せる」、「5分かけ放題」があったからUQモバイルを選択したんです。今回はヤフーモバイルにしましたが、その当時のイメージではお得感がなかったと思います。

 

 

実際に使用してみは下記のメリットがありました。

1、当方は5分間かけ放題のピッタリMプランを使用していたので、1ヶ月目は3,000円ちょっとでした。

 

【UQモバイル】アイフォン・スマホ料金シュミレーション

 

でっ、割引は1年だけなので、2年目からは税込みで4,000円ちょっとだった気が。これは1年目の割引がなくなるためです。

 

途中の16か17ヶ月目で機種が壊れてしまい追加したので、前機種の残金が乗っかってきて6,000円/月くらいは払っていましたが、それでも安いです。

 

ここで、注目したいのが、5分のかけ放題電話は無料なんですが、当然それ以上だとお金がかかります。この費用が定期的にかかってしまい、本来の料金以上を使用していました。(1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに20円の通話料が別途発生)

 

ラインの電話も良いのですが、通話品質が安定しないため、結構ストレスになります。

 

でっ、もう1つ問題が。それが次で話すUQモバイル25ヶ月目以降の罠です。

 

UQモバイルの25ヶ月目の罠

実は25ヶ月目以降のUQモバイルは、データ通信量が倍になるサービスが昔はなかったんですね。

 

下記のブログが参考になります。

格安SIMは料金プランの体系が思ったよりもシンプルな所もありますが、その逆にちょっとわかりにくいような料金体系を設定している所もあります。その中でもUQモバイルに関しては、利用している年月で料金体系が

 

当方はポケットワイフィデ17GBを月使用できるので、あまり困らないのですが、Mプランの3GBのみになってしまうのは嫌だなと思い、更新月で解約しようと思ったんです。(実際今回しましたが、、、)

 

https://www.uqwimax.jp/cp/data_double_free_new/

 

ところが、この部分については2018年の6月13日から+500円を支払えば、25ヶ月目以降もデータ倍増が可能になるようになりました。

 

ですが、それでも当方は継続使用をしませんでした。

 

理由は以下です。

 

スポンサーリンク

ヤフーモバイルはUQモバイルのデメリットを解消?

とまあ色々能書きを書いて来ましたが、実はヤフーモバイルの方が自分自身にはあっているなと思ったので、先日MNP(番号乗り換え)を実施したんです。

 

理由は簡単。

 

UQモバイルには24時間電話かけ放題のプランが無かったからなんです。

 

先程も書きましたが、アプリの無料電話はどうしても通話が不安定になりがち。そして現在の会社は会社支給のスマホが無いため、それとの兼用も兼ねての乗り換えだったんです。

 

機種はHuawaiのnova lite2という機種にしました。こちらは現在ノジマ電気にて無料でした(笑)シムフリースマホは初めてなので楽しみです。


(出典:ヤフーモバイル)

メリットとしては、ヤフーモバイルはMプランでこちらは9月からデータ加算が3倍になります。(これはUQも同じ) 24時間カケホーダイプランを付与させています。

 

これで料金は4,000円/月ちょっとになります。

 

UQとさほど変わりませんが、ワイモバイルのデメリットはUQでは可能だったデータ通信量を翌月に越せない点です。

それと、UQでは無料データをちょくちょくダウンロード出来ますが、どうやらワイモバイルでは「快適モード」にしておいて自動でデータを追加するという方法が必要のようで、これが少し手間です。

 

なので、上手く使いこなすポイントとしては、自宅、公共やオフィスのWi-Fを上手く活用してスマホ本体のデータ通信を控えることだと思います。

 

また、電車でのスマホ利用は結構無茶にデータをダウンロードするため、データの消費量が激しくなるため注意が必要です。

 

機種は中国のHUAWEI

これは実は防水機能はありません(笑)この機種を知るまでは実はアンドロイドワンS4(防水・防塵)のものを購入しようと考えていました。

 

ですが、ノジマ電気のキャンペーンで無料で購入できたんです。これはシムフリーなので、ヤフーモバイルの機種ではありません。そのため、前述のアンドロイドワンS4だとワイモバイルの機種なので、月々の割引がありますが、ノバライト2には無いようです。なので、このキャンペーンは大変有り難いものでした。(店員に確認済みですが、誤りがありましたら指摘願います。)

 

UQモバイルの交換した機種の残金がまだ少し残っており、こちらの料金の支払いがあったからです。

 

防水については、雨の中での使用は防水の過去スマホを持参使用かと思います(笑)あとは、下記のようなフロートタイプのスマホ防水ケースを使用するのもいいですね。当方はあまり好きではないのですが。。。

 

何よりもブログをする上でのCPU(スマホの脳みそ部分)の処理速度が圧倒的に早かったので、nova lite2を選んだんです。

 

アンドロイドワンS4のCPUは、「MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz」

nova lite2のCPUは、「HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)」

 

上記を見ても、積んでいるCPUの数並びに処理する数字が高いので、圧倒的に早い処理が可能です。

 

実際サクサクと動き、写真なんかも一瞬で保存です。熱くもならないので快適です。

 

今後も使用感を継続して見てみる。

実は今回のMNPにあたり、mineo、楽天モバイル、LINE 電話も検討しましたが断念。

 

*mineoはあくまでSIMのみなので本体がない。

*楽天モバイルにも24時間かけ放題が存在しない。

*LILNE電話は24時間かけ放題がない。

 

よく電話もデータ通信も使いたい放題とありますが、上記のようにメーカーによって電話は「5分や10分だけ」と限定しているところもあるのでご注意ください。

 

というわけで、この記事を執筆している現時点ではヤフーモバイルが良いのでは無いかと思い乗り換えてみました。

 

スマホは本当に個人の使用状況や、割引の種類によって価格を大きく変更することも可能です。

 

御自身の契約している条件、そして現在の各キャリアの条件をしっかりと照らしあわた上で検討をしてみても良いかもしれません。

 

また何かアップデートが有りましたら、記事を更新したいと思います。(条件等が早く更新されるので、記事を読んでいた時点で情報が古くなっていたら申し訳ありませんm(_ _)m)

 

次回のスマホ記事では、自撮りの仕方でも紹介しようかと思います(笑)

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism