【ICAST2018】アパレル編:カーハートが初出展!ジョーダンリーのバスマスタークラシック2度優勝も大貢献!

あれっ?と思うくらい台風の酷さを横浜では実感していませんね(´・ω・`)

 

現在一時的に雨脚が強まっていますが、これもどうなることやら。

 

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster

スポンサーリンク

 

残り1回はアパレル編

さあICAST2018の特集も今回で最後となります。最後は一番当方が拘らないアパレル関係になります。だって、釣りのブランドのアパレルって最近ではユニクロとかで代替出来るじゃないですか(笑)釣具のブランド名(ダイワ、シマノ)とかが入るだけで高くなりますからね。

 

とはいってもHukや今年初出展となるカーハートは見逃せないと思いますので、すこーし紹介していきたいと思います。

 

【ICAST2017】前編:アメリカの魅力溢れる新製品紹介「アパレル編」やはりHuk製品が強い!★

2017.08.01

 

【ICAST2017】後編:アメリカの魅力溢れる新製品紹介「アパレル編」奇抜なサングラス多し!★

2017.08.03

 

シムズ

シムズ(SIMMS)ですが、1980年設立で、アメリカのモンタナ州ボーズマンに本部を置くアパレルデザインかつ製造のメーカーとなります。

 

日本の正規代理店はBLUE DUNという企業が請け負っていますので、ご興味が有る方は以下のリンクから飛べます。

BLUE DUN HP

 

本家HPはこちら。

SIMMS HP

 

カタフロントフーディー

独特な形状をしたシムズのフード付きウェアですが、これはもう防寒を除いた3シーズン用のウェアといえるでしょう。

 

袖の部分はいわゆる雨侵入防止のカフスがデフォルで装備されていますので、雨の日の心配もいりません。

 

そして風の日、晴れの日についても服のレイヤー構造から対応可能となっています。まあ、真夏にこの服着用はどうかはわかりかねますが(笑)

– Adjustable hood、 Water shedding fabrics

– 1 zippered, thermolaminated chest pocket、- 2 zippered hand warmer pockets

 

価格は129米ドル。

 

リバーバンクチャッカ

シムズのチャッカブーツが発売となります。

 

チャッカブーツって何(´・ω・`)?ってなったバサーの方、当方も一緒です(笑)以下はWikipediaから。

チャッカブーツ、チャッカーブーツ(Chukka boots)はくるぶし丈で複数の紐穴を持つ革靴である。 同様なブーツにデザートブーツ(Desert boots)、ジョージブーツ(George boots)がある。

 

要するに、くるぶし丈のブーツです。

 

今回のシムズのものは、ドライ感を保ち暖かさを保持してくれるのがミソのようです。またはき口が広いことから脱ぎやすさもあります。

 

防水・加硫処理が施してあり、中はフリース生地で覆われているようです。靴底は溝が入り、デッキや川でも対応可能な形状。幅は「D」。

 

価格は129米ドル。

 

スポンサーリンク

アフコ

聞き慣れない企業名かもしれませんが、アフコ(AFTCO)社はアメリカでは60年もの歴史を誇るファミリー運営企業です。アパレル中心に取扱がありますが、ソルトウォーターについてはロッドのパーツも販売しています。

 

AFTCO HP

 

さあ、注目のウェアを見ていきましょう。

ヘクスタロンパフォーマンスフリース

実はこの製品ICAST2018のライフスタイルアパレル部門で賞を受賞しています。

 

商品説明には以下のようにあります。

AFTCOの独自のHexTechサーマルドビーファブリックと、AFTCOのパフォーマンスフィッシングシャツから期待される技術的な側面を組み合わせた中層暖かさを実現するパフォーマンスパーカー。(訳しています)

 

でっそれが何なの?というと、このフーディー1枚で晴れの日でも少し肌寒い時に重ね着しても快適に1日を過ごせますよ!というもの。

 

参考HPはこちら

 

価格は、79米ドル。

 

ハイドロノートヘビーデューティーウォータープルーフシステム

上下での発売となる耐久性のあるレインウェア。その割には軽量のようです。

 

特徴としては、胸ポケットに流行りのウェアラブルカメラを装着可能。袖口は内側にカフスが付いており、雨天時の雨侵入を防止。サロペットについては、肩部分でベルクロ装着となります。

 

(出典:SIMMS HP)

詳細はこちらから御覧になれます。

AFTCO HP

 

価格は、249米ドル。

 

スポンサーリンク

ハック

説明不要かと思いますが、アメリカで大人気のフィッシングアパレルメーカーであるHuk。ダイワUSAともコラボアイテムを発表していますね。

 

このHukはMarolina Outdoorが管轄するフィッシングアパレルブランドとなります。一方でハンティング用のアパレルにも注力しています。

 

拠点はやや東海岸よりのサウスキャロライナ。

 

Tシャツ類

バスマスタープロであるブレントエーラーによるゴリ押し感たっぷりのプレゼン(笑)まず着てみろ!と。色々Tシャツも有るようです。

 

リバイアサンジャケット&ビブ

リバイアサン(海の怪獣)の名前を冠したこのレインギアは勿論100%ウォータープルーフ。

 

一番の特徴は「Reflect Tech」(リフレクトテクノロジー)というもので、緊急時にスポットライトがレインウェアに当てられると強く反射するようになっています。これで万が一何かがあっても(落水とか)人が居ることを知らせることが出来ます。

 

その図がこれ。グローカラーに光りますね。日本でも琵琶湖や霞ヶ浦では着用してもいいかもしれません。

価格は未定。

 

ログウェイブ

シムズと似ていますが、いわゆる普通のウォータープルーフブーツ。Hukのロゴがサイドに入り、ドライで快適には着こなせるブーツになっています。

 

価格は未定。

 

カーハート

バスマスタークラシックを2度制覇したジョーダンリーをサポートするカーハートですが、当方は釣りアパレルがあることを知りませんでした。

 

アウトドア系の服もありますが、どちらかというとワークマンスタイルな服が主流なのかなと思います。小物も販売しています。

 

日本でも購入出来るものもあるので、HPも貼っておきます。

Carhartt 購入用HP

 

アングラーレインスーツ

下記のレインスーツは実際にクラシック時に着用していたものです。価格は上下各170米ドル。

ニューカラーということで説明しています。

 

他にも色々あるのでしょうが、今後のラインナップに期待しましょう。

 

ジョーダンリーが2連覇達成!【速報 Day3】2018バスマスタークラシック!@レイクハートウェル(3/16~18) in サウスキャロライナ州

2018.03.20

 

ダイワ

タトゥーラキャップ

タトゥーラの紋章を冠したキャップや大きくバックプリントしたロングTシャツが発売になります。

 

タトゥーラシャツ(Hukコラボ)

このデザインは釣り場で多くのバサーの注目を集めそうですね!現時点でのデザインはまだ日本でも購入出来るようです。

 

 

ICAST2018総括

さて、いかがでしたでしょうか?説明不足な点や誤字も多少有ると思いますが、ご容赦下さい。

 

既に2019年のICAST2019の告知もスタートしており、来年もフロリダのオーランドで7月9日~12日(展示は10日から)で開催予定です!

 

ICAST2019 HP

 

来年までまたお楽しみに!

 

【ICAST2018】TT(小物)後編:RTDでバスロッドのガイドにラインを通す作業を秒殺に!(´・ω・`)

2018.07.28

 

【ICAST2018】TT(小物)前編:東京リグ登場!マイケルアイコネリの動画は2016年の訪日の影響が(゚∀゚)

2018.07.28

 

【ICAST2018】ソフトベイト(ワーム)新製品紹介!ライブターゲットのルアーが淡水部門で賞を受賞(゚∀゚)

2018.07.25

 

【ICAST2018】ハードベイト新製品紹介!チッパワRBやダヴィンチ190以外にも個性的溢れるルアー達が登場!(^o^)

2018.07.21

 

チッパワRB・エリーMD115をニシネルアーワークスがICAST2018に初出展!FLWのHPやタックルウェアハウス動画で大注目!

2018.07.19

 

では、また後程!

Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism