ジェイソンランバート100lb超えはあるか!?【速報 Day3】2018FLWツアーシリーズ第6戦@ケンタッキーレイク(4/26~29)@ケンタッキー州(*^^*)

さあ、いよいよトーナメントも大詰めです。

 

これが終わればまた自分のブログを執筆出来ます(笑)ネタが溜まりすぎてて困りますwww

 

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Souce: 画像は、FLW HPより拝借しています

スポンサーリンク

 

Day3首位はジェイソンランバート!

何とDay1とDay2首位を走っていたランディヘインズが首位から陥落し、トップ10からもれてしまいました。そしてDay3首位に立ったのが30lb-8をマークしたジェイソンランバートでした!

 

これにより何と合計ウェイトは、「74lb-6」!

 

でっ、ここで注目したいのが2位のウェイト。

 

それが「55lb-3」(笑)

 

これはもうジェイソンランバートの優勝は決定的でしょう!

 

まさか昨日Day2の2位からこのような状況になると誰が予想したでしょうか?

 

ランディヘインズ独走か!?【速報 Day2】2018FLWツアーシリーズ第6戦@ケンタッキーレイク(4/26~29)@ケンタッキー州(*^^*)

2018.05.19

 

FLW記者目線

Shortly after takeoff, Lambert and Haynes both arrived on the same spot – a well-known community hole at the north end of the lake. It’s a spot that both anglers fished on days one and two. Lambert arrived first, and the two anglers ended up fishing side-by-side for several minutes. Lambert caught several keepers quickly. Frustrated by the situation, Haynes chose to give Lambert the spot and return to the ramp and finish his day early. Haynes officially finished with zero keepers today.

ということで、首位争いをしていたヘインズとランバートですが、Day1、2と釣り付けているケンタッキーレイク北部に位置するコミュニティホールで再度バッティング。ここでランバートが先に到着していたので、サクッとキーパーを揃えたんです。

 

実は結果的にですが、ランディヘインズはこの日はキーパーを釣ることが出来ずにノーフィッシュ帰着。

 

さて、ランバートはこれに満足セずに次のエリアへ。ここから快進撃がスタートするんです。

 

Lambert’s limit today eclipsed his own record for the heaviest five-fish limit in a Tour event on Kentucky Lake, which he set in 2016 with 29 pounds. That year, Lambert won the tournament with a four-day total of 97-2. 

実は2016年のケンタッキーレイク戦の際にも1日で29lbを釣り上げることがあり、97lb-2で優勝しています。

 

使用ルアーはキャスティークのジャーキーJ+スクラウンジャージグヘッドの1オンス(特注品)

多くの時間を5インチと7インチワームを使い分け、このリグに費やした様子。

 

ウォブリングアクションそして強くなく弱すぎない丁度よいアクションが肝であり、ボトムに沿ってゆっくり巻いてきたとのこと。

 

使用ラインは、サンラインのスーパーFCスナイパーフロロカーボンラインの18lb!

 

Lambert caught five keepers off his starting area – a south-facing point on a main-lake ridge – and then ran to a secondary spot that might be home to another mega-bag of Kentucky Lake bass. He caught a 5-pounder on his first cast, a 5-pounder on his second cast and the 9-2 kicker, which pretty much locked up the victory for him a day early. After that, he left the fish biting

最初の場所から移動して一投目で5パウンダー、2投目でまた5パウンダーそして最終的に9パウンダー2オンスのキッカーフィッシュを獲ります。朝の早い段階での展開でした。この9lbは今までもケンタッキーで釣ったことが無いサイズだったようです。

 

昨日の午後から見つけていた魚のようでしたが、全くバイトに至らなかったという。今日は特別だったと彼。

残りの時間は最終日の練習に費やしたジェイソンランバート。

 

オフショアにもスクールを見つけているとか。

 

Yet it’s obvious that more and more of the lake’s biggest bass are making their way to the ledges every day. The 9-2 kicker is proof of that.

とはいえ、より多くのビッグバスが毎日張り出し部に差してきているという。

 

明日はどうなるのか?100lb超えはあるか?

 

スポンサーリンク

トップ10ランキング

1. Jason Lambert – Michie, Tenn. – 74-6 (15)

2. Scott Martin – Clewiston, Fla. – 55-3 (15)

3. Mark Rose – West Memphis, Ark. – 52-2 (14)

4. Josh Douglas – Isle, Minn. – 51-4 (15)

5. Jeff Gustafson – Kenora, Ont. – 51-1 (15)

6. John Cox – DeBary, Fla. – 50-11 (15)

7. Michael Neal – Dayton, Tenn. – 48-14 (14)

8. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 47-9 (10)

9. Matt Arey – Shelby, N.C. – 47-1 (15)

10. Alex Davis – Albertville, Ala. – 47-0 (15)

トップ10ランキングは上記のようになっています。

 

ほぼ一人勝ちに見えるこのランキング。

 

この結果をひっくり返す選手がいたら、それはそれで面白いですね!

 

さあ、後はランバートの100lb超えはあるのか?楽しみです

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism