ウェスリーストレイダー「初」優勝!【速報Day4】2018バスマスターエリートシリーズ第3戦@ケンタッキーレイク(5/4~7)ケンタッキー州(*´ω`*)

水曜は名古屋に出張していました(*´ω`*)

 

本場のソースカツ丼を食べたのですが、味が濃くて美味しいですね(笑)名古屋はお店の食べ物の量が多くて、皆さんよく食べるなと思いました(>ω<)住心地の良さそうな町並みも良かったです(●´ϖ`●)

 

お疲れ様です!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster HPより画像を拝借しています。

スポンサーリンク

 

ウェスリーストレイダーがエリート初優勝!

先日のバスマスターエリート第3戦のケンタッキーレイク戦はまさかのエリートルーキーのウェスリーストレイダーがスキートリースの追従を押さえ、約4lbリードで見事に「初」優勝を飾りました!

 

今回のウェイトは、20lb-11を釣り上げ、合計で唯一の80lbを記録!

 

80lb-4 が最終ウェイトになりました。

 

実はこの速報でもお伝えしてきた通り、ウェスリーストレイダー(ストライダーで記載していました(汗))はルーキーイヤーです。

 

では何故ここまで強かったのかというと、、、

 

実はFLWツアーで長年に渡り大活躍をしていた選手なんです。

 

スキートリース首位陥落【速報Day3】2018バスマスターエリートシリーズ第3戦@ケンタッキーレイク(5/4~7)ケンタッキー州(*´ω`*)

2018.05.07

 

ウェスリーストレイダーの華麗なる経歴

Source: FLW HP

昨年2017年のレイクマーレイ戦から写真をお借りしています。

 

実は生涯獲得賞金も100万ドル(1億円超え)プレイヤーになっており、深江真一プロと同じ様な状況で今季2018年にバスマスターエリートシリーズに移籍してきました。

<過去の経歴>

 

FLWツアープロとして、21年もの歳月を費やしてきたウェスリーストレイダー。

 

何とも素晴らしい成績ですよね。これをみると、今回の優勝も納得出来ます!

 

スポンサーリンク

バスマスター記者目線

どうやらバスを探すのは、Day3に比べると容易では無かったようです。

 

“Yesterday, I figured out that the fish were positioning under the walkways on the docks,” he said. “Today, that went away; they got out under the floats. It seemed like, as the sun got higher, the shade got tighter to the docks and you could pretty much pinpoint where they’d bite.

Day3はドックフロート部の下にポジショニングをとっていたバス。しかしDay4は不在に。日が昇るにつれてドックのシェード部分が少なくなりバスのピンポイントを狙う必要が出てきました。

 

“I didn’t think the shad spawn was that big of a deal for me today. But I pulled up on a stretch of docks that I had not fished early in the morning and just about every cast, when I’d reel my bait out from underneath the floats, there would be two or three threadfin shad following my spinnerbait.”

最終日にシャッドスポーンが効果的でないと思っていたという。しかしながら、朝一に撃たなかったボートドッグのストレッチにボートを寄せてキャストを繰り返しました。その下から2-3匹のスレッドフィンシャッド(ニシン科)がスピナーベイトについてきました。

 

Unlike the previous days, Strader was unable to leverage the early-morning shad spawn. But he put several keepers in the boat by alternating between a 5/8-ounce Stan Sloan Bango Blade spinnerbait with a white swimbait trailer, a buzzbait, a popping frog and a white Zoom Z-Craw that he swam through shallow bushes.

Day3とは異なり、最終日の朝方のシャッドスポーンを活用することは出来ず。しかし、トレーラー付きの5/8オンススピナーベイト、バズベイト、ポッピングフロッグそしてシャローブッシュでズームのホワイトカラーのゼットクロ-をおよがせ、数匹のキーパーを確保していたんです。

 

The Tramp Stamp color, he said, has proven productive in all his previous Kentucky Lake events. Trusting that pattern Monday proved to be a winning decision. “For some reason, in this tea-colored water, they like that color,” he said.

トラップスタンプカラーとストレイダー。これが前回のケンタッキーレイク戦(恐らくFLW)で功を奏した。そのパターンを信じたDay3は勝利への決意となる。 幾つかの理由で、この紅茶色の水において、バスはこの色を好んだんだ。

出典:ebay

Strader said his fish were probably postspawners. Targeting likely staging areas with vertical falls was key.

“I think I was just on a hot pocket where they were either coming out or guarding fry; I don’t think they were spawning,” he said. “They were just in those bushes chilling, and it was all on the initial fall of the bait.”

ストレイダー曰く、彼の釣った魚は恐らくポストのバス。ステージングのような場所を焦点にして、垂直の動きが肝だったようです。「僕が思うに、バスがちょうど出ていったり、フライを守っている熱いポケットで釣りをしていたと思うんだ。」とストレイダー。」

ちょうど冷たいブッシュの中にいて、ルアーの最初のフォールでバイトが多発したようです。

 

如何に日々変わるパターンを追いかけることが出来るかが鍵ですよね(*´ω`*)

 

本当におめでとうございます!

 

トップ12ランキング

トップ12ランキングは上記の様になっています。

 

スキートリースに優勝してほしかったですね!

 

スキートリースの最後のエリート優勝は2015年のレイクガンターズビル戦。さあ、次回は何時に成るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

トップ12のルアー

スキートリースのルアーと言えばやはりラッキークラフトのSKTマグナム105 MR!それからLCサイレントスクウェアリップ2.5も使用。

 

さあ、他の選手のルアーはバスマスターの下記を御参照ください。

 

トップ12ルアー紹介

 

第4戦は延期になったサビンリバー戦@テキサス州(6/6~9)

 

本当に4月~6月はアメリカのトーナメントが集中しており、またまた6月の上旬には前回本当は第2戦であったサビンリバー戦が控えています。

 

先日のバスプロショップスセントラルオープンの2戦が開催された場所で、優勝はカール・スヴェベックでした。

 

ベジテーションが豊富な川となります。

 

(追記):増水の為、延期となりました!

【延期告知】2018バスマスターエリートシリーズ第2戦@サビンリバー(4/6~9)テキサス州(>ω<)

2018.04.03

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。さあ、H-1グランプリがいよいよスタートしました!大減水の津久井湖でどのようなスーパーパターンが出るのか楽しみです(・∀・)<Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、...

 

さあ、次回も楽しみです!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism