【速報Day3】2018FLWツアーシリーズ第4戦@レイクカンバーランド(4/12~15)@ケンタッキー州!

ジャニーズ事務所の渋谷すばる氏が、同社を退所するというニュースが出ました。

 

15歳で入社して21年勤め、これからは海外で活動したいとか。ジャニーズの事は詳しくありませんが、彼の夢を応援したいと思います。

 

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: FLW Websiteから画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

Day3はブラインスイフト!

セミファイナルが終了しましたが、上位陣はかなりの接戦模様のようです。その中でもDay3のトーナメントリーダーはブライアンスイフトとなりました。

 

僅か”1lb”の差!Bryan Thrift vs Mark Rose【速報 Day3】 FLWツアーシリーズ第2戦 in Lake Travis@TX州★

2017.02.19

 

首位とはいっても、昨日まで首位をキープしていた2位のアンディーモーガンとの差は僅か

 

「7オンス」。

 

明日の状況次第ではかなりイージーに上位陣はひっくり返ると思います。

 

Day3ブライアンスイフトの戦略

どうやら魚のコンディション的には悪くなかったようです。

 

The entire top 10 is within 6 pounds of Thrift’s lead. With many in the top 10 catching 30 or more fish a day – and a lot of good ones – there’s no predicting the outcome, except to guarantee that Sunday at Cumberland will be one to remember.

トップ10の多くは1日30匹かそれ以上のバスをキャッチしていたようです。そして良いサイズも。。

 

ブライアンスイフトの戦略ですが、メインパターンは、ステージングそしてスポーニングに入っているスモールを小さなスイムベイト(記事後半にa small swimbaitとあったので)で釣るものと、同様の状態であるラージマウスをスピナーベイトで釣るというもの。

The main patterns are targeting staging and spawning smallmouths with swimbaits, and targeting staging and spawning largemouths with spinnerbaits. The two patterns seem to be producing at about an equal rate.

 

肝は、ボートを岸から離し、ロングキャストをして極端にスローなスピードで引いてくるものでした。

He keeps his Ranger out off the bank, makes a long cast in and brings the bait out over the fish at an extremely slow speed.

 

一方で、現在2位のアンディーモーガンはどうでしょう?

 

Andy Morgan has ridden one pattern all week long and has no intentions of changing it up on Sunday. He’s fishing a spinnerbait through flooded trees in a major tributary on the lower end of Lake Cumberland. 

アンディーモーガンは1つのパターンで乗り切ろうとしているようです。それはスピナーベイト。これをカンバーランドの下流の主要な支流にある冠水した木を通して釣っていた様子。

 

“I caught four this morning just going down the bank with a spinnerbait. Two were pretty good ones,” he says.

朝の4本の内、2本はかなり良いサイズだったとか。

 

さあ、最終日の方法は如何に?

 

スポンサーリンク

トップ10ランキング

上位トップ10のランキングとなります。彼らが今晩から開催される決勝に駒を進めます。

 

1. Bryan Thrift – Shelby, N.C. – 51-8 (15)

2. Andy Morgan – Dayton, Tenn. – 51-2 (15)

3. Allen Boyd – Salem, Ind. – 50-6 (15)

4. Greg Bohannan – Bentonville, Ark. – 49-9 (15)

5. Clent Davis – Montevallo, Ala. – 49-5 (15)

6. Kerry Milner – Bono, Ark. – 48-1 (15)

7. Darrel Robertson – Jay, Okla. – 47-2 (15)

8. Chris McCall – Palmer, Texas – 45-15 (15)

9. James Watson – Lampe, Mo. – 45-10 (15)

10. Chris Johnston – Peterborough, Ont. – 45-8 (15)

 

トップ5のパターン

トップ5のパターンをもっと詳しく見たい!というかたはこの記事を是非御覧ください。最近は便利なものでグーグルの翻訳を仕事で使っているとかなり正確に翻訳してくれます。 あるいみ普通の人間よりも正確です。是非御活用ください!

 

それでは!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism