2018バスマスタークラシックのキー「淡水ニシンパターン(Blueback Herring Pattern)」の真相とは?

さて、2018バスマスタークラシックがスタートしました!

 

52名の熱き3日間の戦いがスタートします!

 

こんばんわ!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster HPより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

淡水ニシンとは?

出典:North American Native Fishes

 

US版のWikipediaによると、

The blueback herring or blueback shad (Alosa aestivalis) is an anadromous species of herring from the east coast of North America, with a range from Nova Scotia to Florida. Blueback herring form schools and are believed to migrate offshore to overwinter near the bottom.

ブルーバックヘリングやブルーバックシャッドとは、北アメリカの東海岸から遡上してくる”ニシン”の種類をさし、カナダ東部の太平洋に面したノヴァスコティア州からフロリダにかけて存在する。群れを形成し、ボトムで越冬するためにオフショアに移動するとされています。

 

ブルーバックというと、ブルーバックチャートカラーとかが思いつくように、背中が青いのです(゜o゜)

 

ちなみに海のニシンはこちら。

 

という冗談はさておき(笑)、

 

こちらです。

Wikipediaでは以下のような解説がついています。

 

魚体は細長く、体長は30-35cmほど。背側は青黒色、腹側は銀白色。日本付近では春、産卵のために北海道沿岸に現れる。

日本では、広く食用されている。また、江戸時代・明治時代には鰊粕に加工され、肥料として用いられた。(Wikipedia)

 

そんな海にいるニシンですが、海外では淡水域にもニシンが存在しており、バス用のルアーにもBlueback Herringというカラーが存在します。

 

 

他にもちょっとツイッターから拾ってきただけでもこんな感じのカラーが。。

 

実はこの淡水ニシンですが、バスにスイッチを入れるキーになるということなんです。。

 

 

今回の2018バスマスタークラシック開場でもあるレイクハートウェルでもこのパターンが生きてきます。

 

現在はスタートして1時間は経っているので、既にパターンは終了してしまったかもしれませが。。

 

【告知】2018バスマスタークラシック開催!@レイクハートウェル(3/16~18) in サウスキャロライナ州

2018.03.16

 

レイクハートウェルに沢山居る

今回の記事ですが、バスマスターの記者であるクレイグラムが執筆しています。

 

 Lake Hartwell’s blueback herring population could be the dark horse factor coming into play when the competition begins on Friday at the GEICO Bassmaster Classic presented by DICK’S Sporting Goods.

どうやらこのブルーバックヘリング(淡水ニシン)パターンがダークホースになるかも(゜o゜)とのことです!!一体どういうことでしょう!?

 

実は、、、、

 

When water temperatures climb into the mid-50s, like they are now on Lake Hartwell, the blueback herring migrate to shallow water to spawn. The predacious bass follow to take advantage of an easy meal. That means the early morning bite will be a factor in this Classic more than ever before.

水温が華氏50F°(摂氏で約10~13℃)の半ばになると、レイクハートウェルに居るブルーバックヘリングはシャローにスポーニングしに移動します。プレデター気質のバスは簡単に獲れる食事としてこれらに付帯し利用します。つまり、早朝のバイトは今まで以上にこのクラシックではその要素があります。

 

なるほど、朝がキーになりそうとのことですね!

 

そして、クレイグラムはこのブルーバックヘリングがバズワード(ネットで爆発するキーワード)になるだろうと予想しています。

 

当方のブログも爆発しないかな(笑)♪

 

[ad#ad1]

淡水ニシンパターンとは?

では具体的にどの様なふうにしてこのパターンを活用していくのでしょうか?

 

そのキーになってくるのが何と「ローライトコンディション」!

 

Fishing a blueback herring bite requires stealth, patience and a firm commitment to time. It can be a boom or bust proposition.Most of all, making the most of the short-lived bite comes down to being in the right place, at the right time. An area might be loaded with herring but the bass must be there too.

ここにあるように、淡水ニシンパターンはステルス性、忍耐力、そして確実な時間へのコミットが要求されます。それは一時的か爆発的なものになります。大半が正しい場所、正しい時間に短時間で起こるようです。その場所はニシンを大量にストックしており、バスも確実にいます。

 

なるほど、どうやらタイミングが重要のようですね。。

 

このギャンブル要素に賭けて朝方にバイトラッシュを狙うか、それともプリスポーンのステージングしてくるバスをきちんと狙うかが勝負の分かれ目になりそうです。

 

マイケルアイコネリは既にこのパターンを煮詰めているようで、ニシンが固まっている場所を数箇所見つけているとか。

 

バスもニシンが大量に固まって一箇所にいれば、容易に餌を捕食出来ます。そのため、一端そのパターンにスイッチが入ると状況がマッチしている間は永遠にバスはニシンを追い続けるとのこと。

 

ジェイコブウィーラーはこう言います。

“The herring live in the timber and they move up in the middle of the night and the bass follow.”

ティンバーの中にニシンは居て、夜中にそこから出てきてバスもそれにくっついていくんだ。

 

実はこのパターンは先日行われたFLW第3戦のレイクラニアーで優勝したブラッドリーホールマンが活用したパターンでもあります!

 

祝ブラッドリー優勝!【速報 Day4ファイナル】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.12

 

ニシンパターンの肝!

もうキモはここ!

The brighter the skies, the shorter the bite lasts. Cast cloudy skies over a lake and the bite goes on longer.

晴れていればバイトは短く、曇天であればバイトは長く続く。

 

ニシンパターンの確信ですね(*´Д`)

 

そして、このブルーバックヘリング(淡水ニシン)のパターンに固執した場合のバスのサイズは大きいとか。。

 

”ベイトの動きでどの様にバスを釣るかが決まるけど、このブルーバックヘリングパターンはまさにそうだね”とアルトンジョン。

 

ここハートウェルのバスはブルーバックヘリングの依存が強く、バスの遊牧性も強い。

 

なので、この釣りが如何にギャンブル要素があってリスキーかということも分かります。

 

そして、最後にマイクマククレランドの言葉で締めたいと思います。

 

“The big key this week will be not getting hung up on where the blueback herring were in practice,” he said. “What’s the better idea is following the birds and paying attention to where the herring should be.”

今週の大きな鍵は、プラクティスで淡水ニシンが居た場所に固執するのではない!良い考えとしては、鳥の動きに忠実に従い、そしてニシンが居るであろうエリアに注意を払うことだ!

 

さあ、Day1でブルーバックヘリングパターンが爆発するのでしょうか?

 

楽しみです(>ω<)

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism