イヨケン5位で好発進!【速報Day1】2018バスマスターオープン「セントラルオープン第1戦」@ロスバーネット(3/1~3)ミシシッピ州

書きたいネタが山ほどあるので、今週末に書き溜めたいと思います(笑)

 

もちろん、平日は予約投稿ですヽ(*´∀`)ノ

 

こんばんは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Source: Bassmaster HPより画像をお借りしています。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

Day1首位はクラーク・リーム!

遂に2018年ニューフォーマットのセントラルオープンが幕を開けました!Day1首位はクラークリーム!クリームではなくて、クラーク・リームですよ!

 

何と本日のトップウェイトは、

 

「20lb-15」!

 

クラーク・リームですが、2013年はエリートシリーズに在籍していたようで、それ以降2015年終了まではトーナメントを控えていたようです。

 

2016年はセントラルオープンに参戦するものの成績が振るわず、2017年はトーナメントに参戦していません。

 

彼の地元は南部のテキサスで、当方より3歳年上の38歳です。

 

気になる方は下記のプロフィールを!

 

Clark Reehm Profile

 

何時もBassmasterの記事を書かれているCraig Lamb(クレイグラム)によると以下のようにあります。

 

While most everyone focused on catching bass in various spawning stages, Clark Reehm did the opposite. 

この時期といえばスポーニングになりますが、どうやら彼はスポーニングベッドのバスを避けたようです。。。

 

Most impressive is what Reehm is not doing. Normally, playing the spawning card is a wise move. Bigger bass are shallower and easier to catch, but those same fish can be unreliable under suddenly changing weather conditions. Both scenarios have panned out.

“I am looking for largemouth that are unaffected by the weather,” said Reehm, of Elm Grove, La. “A cold front like we had this morning can completely change a spawning bite.”

彼のスポーニングを避けた行動に注目が。賢明なシャローのイージーなバスを避けて、大雨による突然の天候変化を受けにくいバスを探したようです。あまりにも寒い寒冷前線のせいでシャローのバスを散らしてしまったようですね。

 

そして、腹の減っているアクティブなバスを探したようです。これは賢いとクレイグ。

スポンサーリンク

 

“I’m not at all concerned about the fishing pressure because I’m using something different,” he said.

What that something different is remains a mystery, although a “reaction lure” capable of triggering strikes is a logical assumption.

どうやらリアクション系のルアーを使用しているようで、フィッシングプレッシャーは気にならないとか。。

 

明日が楽しみですね!

 

【告知】2018バスマスターオープン「セントラルオープン第1戦」@ロスバーネット(3/1~3)ミシシッピ州

2018.03.01

 

イヨケンは何と5位発進!

 

イヨケンの愛称で多くのファンに親しまれているバンタムチームの伊豫部健プロですが、何と会心の一撃!(ウエイトは17lb-11)で、暫定5位につけています。

 

 

伊豫部プロは本当に凄いバイタリティですよね!日本でも精力的にファンと交流し、釣りもスーパーな彼の今年1年が気になります

 

この昨年のノーザンオープン第2戦を思い出します(*´Д`)

 

【速報】ビッグフィッシュ賞獲得!伊豫部健7lb-10のブタバス@ノーザンオープン第2戦 Day1★

2017.08.04

 

明日もというか、今晩からですが(笑)頑張って欲しいです(>ω<)

 

トップ12ランキング

本当のトップと2位以外は大体団子状態なので、明日はキッカーをどれだけCull(≒Catch)出来るかが勝負の分かれ道でしょうか?

 

[ad#ad1]

大雨のDay1

雨がひどくてかなりコンディションとしては厳しい状況だったようですΣ(・∀・;) 朝はまだ少し晴れ~曇だったようですが。。。

 

写真が物語っていますね。。。

 

[ad#ad1]

日本人選手動向

さて、伊豫部健プロの快進撃で幕を明けたセントラルオープンですが、他の日本人選手はどうだったのかをみていきましょう!

 

宮崎友輔

FLWでの悔しさを晴らすかのような46位スタート! ウエイトは10lb-3。

 

木村建太

キムケンは、8lb-13で67位スタート。ちょっと厳しい立ち位置です。。

 

明日は捲りまくってください!

 

加藤誠司

ジャッカルの会長である加藤誠司プロは5lb-6で104位(>ω<)!!

 

決勝進出は難しいと思いますが、明日は是非ジャンプアップを期待したいですね!

 

佐藤義和

 

これは恐らくイヨケンさんでしょうか(笑)佐藤プロは残念ながらノーフィッシュ!明日に期待です!

 

さてDay2がスタート!

そろそろDay2がスタートだと思います!

 

日本人選手の皆さんを楽しく応援していきましょう(●´ϖ●)(●´ϖ●)

 

【2018Bassmaster(バスマスター)&2018FLW】に挑戦する侍魂を持つ日本人バサー達を応援(´ε` )!

2018.01.08

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism