リッククランも愛用!ICHIKAWA FISHING(イチカワフィッシング)のフックを入手( ´∀`)♪

さて、明日の2017最後の三島湖釣行に備えて色々と準備をしています。

 

色々と調べてみるとディープがメインな感じ(笑)ディープはやらないんですよね。。まあ、シャロー~3or4mラインをメインでせめてみたいと思っています。

 

こんにちは!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: イチカワフィッシングHPより全ての画像を拝借

スポンサーリンク

 

RCイチカワフィッシングとは?

Sabu
皆さん、イチカワフィッシングというフックメーカーを御存知でしょうか!?恥ずかしい話ですが、当方は2017夏頃までは全く存じあげていませんでした^^;

 

イチカワフィッシングHPを見てみるとこうあります。

 

イチカワフィッシングはmade in Japanの釣り針(釣りバリ)のOEM販売、オリジナルブランドの釣り針、ルアー、アパレルを製造、販売(インターネット販売)しています。ハリのOEM販売はエサ釣り用からルアー用のトレブルフックまで、オリジナルブランドでは釣り人のアイデアを形にして世界中のフィールドで納得いくまでテストを重ねた商品開発を行っております。

 

当方は申し訳ないのですが、2017年の夏頃まで知りませんでした。

 

何故なら、イチカワフィッシングは2015年に産声を挙げた「新興のフックメーカー」なんです。

 

それとあまり広告をうっていなかった気がします。

 

その根拠はこちらのブログを御覧ください。

市川哲也の釣りのお話 ブログ

 

Ready to go ‼︎
 
去年、イチカワフィッシングと言う会社を立ち上げて釣針の製造販売業をスタートしました。第一弾商品としましてバス用のワームフック『TG1』を自分を含め多くの釣り人が様々なフィールドでテストしています。

 

上記のブログは2016年8月1日のブログで、丁度当方がアメリカから帰国して2ヶ月ほどたった頃にこのブログがでています。

 

リッククランがテスターに

Sabu
イチカワフィッシングが有名になったのは、製品が良いことは勿論ですが、テスターにバスマスターエリートシリーズで活躍するバス釣り界のレジェンド「リッククラン」を起用したことにあると思います。

 

驚いたのが新興メーカーであるにも関わらず、社長の市川さんが御自身でアメリカに行きリッククランと契約を取り付けたのですから、これほど凄いことはありません!

 

アメリカの大会ではフックは非常にシビアなアイテムとなっていると思います。その中で超一流のアングラーが惚れ込んで使用するのですから、我々一般アングラーが何も言うことはありません(笑)

 

そう、良いものは良い!! 

 

これに尽きると思います。参考までにYOUTUBEの動画を載せておきます。一度御覧ください。

 

 

スポンサーリンク

御縁があり使用する機会が!

Sabu
今回はとある方の御紹介で、イチカワさんのフックを使用する機会を頂きました。

 

キチンと頂いたことを明記しているので、「ステマ」ではありません。

 

その類の質問や非難は「質問箱Peing」にでも下さい。匿名で投稿できますよ(●´ϖ`●)最近はまっています。

 

そうそう、実は社長の市川さんとは同じ学年なんですね!そう同い年の35歳。

 

 

今年大ブレイクのELEMENTSのDavinci190(ダヴィンチ190)を開発した久家社長も35歳。

 

 

当方は何もありませんがね(笑) 同い年が凄く頑張っているので、嬉しく思っています。

 

当方が提供を受けたのはメインで以下です。

RC KAMAKIRI LIGHT(MAGIC COATING)

 

Sabu
フックの詳細は下記メーカーHPを御覧ください。当方は冬場~春にかけてジャークベイトを使用するので軽めのLIGHTのマジックコーティングタイプを頂きました。

 

RC KAMAKIRI LIGHT HOOK

 

明日の三島釣行はこいつを活用したいと思っています(●´ϖ`●)

 

愛用しているメガバスワンテンのフックはこれでチェンジです!

 

 

スポンサーリンク

SP HOOK

Sabu
あとはテキサスやスイミング用としてSPフックを頂きました。

 

こちらの説明は以下。

 

スイムベイト、バズフロッグ、ソフトジャークベイト等、ワームを横方向に動かして使う釣りに適したオフセットフックです。オフセット部分でのワームの身切れを防ぐためにロングアイにしました。

 

ですが、当方としては、テキサスでも使用しようと考えています。

 

後はデスアダーの5インチ以上などに良さそうかと。最近流行りのシャッドテールワームにもGOODそうな感じ。

 

あと、当方は普段テキサス系ワームでは、並木敏成プロ監修のFINA「WRM-951」を愛用しており、6番~4/0まで保有。

 

 

今回イチカワさんのフックをもらってびっくりしたのが、サイズの大きさ(笑)

 

FINAフックと大きさを比較

Sabu
やはりソフトジャークベイト用と謳うだけあり、フックサイズが大きいです。

 

一番上が、SP HOOK#1/0、真ん中がFINAのWORM951-3/0、下がWORM951-1/0の3本。

 

実は1/0なのにFINAのフックでは3/0クラスの大きさがあります。

 

Sabu
こちらはSP HOOKの1/0とFINAのWRM951-1/0の比較。大きさの違いが一目瞭然です。

 

またSP HOOKの良い点が、他社に比べてラインアイがロングアイになっている点です。

 

これによりワームの身切れがしにくくなるようです。

 

これは本当に有り難い。是非自分で体験してみたいと思います。

 

さて、長くなりましたが、イチカワフィッシングさんのフックを明日から来年にかけてメインで使用していきます。

 

数度インプレをすると思いますので、宜しくお願い致します。

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism