松下雅幸登場!【後編(6-1位)】バスマスターセントラルオープン第3戦 「グランドレイク」トップ12入賞ルアー★

本日は携帯を新調しようと思ってます(゚∀゚)

 

現在は格安のUQを使用していますが、機種が安いため性能が低いのが難点(笑)富士通のアローズMO03からシャープのアクオスセンスに乗り換えようと思っていましたが、ネットのみらしいですね(笑)兎に角触ってみます(゚∀゚)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster Websiteより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

 

前編12位~7位

アンディオルテガが登場した前編。

 

見逃した方はこちらでどうぞ!

 

1つ言えるのは、間違いなく今後数年で有名にバスマスターエリートシリーズに登ってくる選手ということです。

 

しかもアメリカの若い選手は日本製ルアーも上手く織り交ぜていますね。エバーグリーンのシャワーブローズショーティも使用していました。

 

皆様、彼のことは今後、要チェックですよ!

 

 

6位:Beau  Branine (ボーブラナイン)

 

Sabu
シャローフラットでテキサスリグを駆使したボーブラナイン。

Tight Lines UV Hog (タイトラインUVホグ)のテキサスリグ

これ、どうみてもズームのブラッシュホッグのパクリですよね(笑)タイトラインUVホグ(笑)

 

4/0フックに1/4オンスのシンカーをセット。

 

スポンサーリンク

5位:Allan Nail (アランネイル)

 

Sabu
ジグ、トップウォーター、キャロをメインに攻略したアランネイル。といっても、オープンは知らない選手ばかりですね(笑)ルアーをお楽しみ下さい!

①1/2オンス自作ジグ+V&Mトレーラー

②トップウォーター(ペンシル、メーカー不明)

③キャロライナリグ(V&M Baits Baby Swamp Hog 4/0フック+1/4オンスシンカー)

V&M Baits( Bavy Swamp Hog) HP

 

4位:Toby Hartsell (トビーハートセル)

 

Sabu
ここでもメインはトップウォーター。後は自作ジグとテキサスリグ。

①Reaction Innovation Vixen(リアクションイノベーション・ヴィクセン)

メインルアーとして使用。

②5/16オンス自作ジグ+NET BAIT Paca Chunk(ネットベイトパカチャンク)

③10インチバークレイパワーベイトテキサス

Berley Power Bait Power Worm

 

スポンサーリンク

3位:Masayuki Matsushita (松下雅幸) 

 

Sabu
初のチャンピオンシップ出場となったまっつん!ここでもメインはトップウォーター。早朝のスクーリングバスにメインで使用した様子。

River2Sea Whopper Plopper 110(リバーツーシー・ホッパープロッパー)

 

2位:Casey Scanlon (ケーシースカンロン)

   

Sabu
シャロークランクとジグがキーとなったケーシースカンロン。

①Luck E Strike Rick Clunn R3クランクベイト

②1/2オンストロフィーバスカンパニートロフィープロジグ

③バスプロショップのチューブも使用

フックは1/0、シンカーは5/16オンスか1/4オンスシェイキージグ。

 

スポンサーリンク

1位:James Elam (ジェームスイラム)

Sabu
シャローとディープの両方を攻略したエリートプロのジェームスイラム。彼の優勝で、IKEのクラシック繰り上げ出場が決定しました。

①ジャッカルポンパドール

キールアーとなったジャッカルルアーのポンパドール。本当にこの大会では多くのトップウォーターがキーとなりました。

②リザードワームのキャロライナリグ

4/0フックに34オンスのシンカーで使用。

 

Sabu
さて、如何でしたでしょうか?日本製ルアーが上位入賞に絡んでくると嬉しいですね!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism