カバー直リグ★カルティバ 直リグリングドフックとシンカーはスナップを付けて使用が可能!?

さて、いよいよ明日から12月ですね!

 

今年やり残したことありませんか?

 

明日1つ面白い事が発表出来るかもしれません(´ε` )♪お楽しみに!

 

こんばんは!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

カルティバの直リグ購入理由

Sabu
先日購入したカルティバの直リグリングドフックとシンカーが非常に扱いやすかったので少し紹介したいと思います。

 

近所の釣具のブンブンにて直リグのあるフックコーナーを物色していたんです。

 

直リグが前から釣れる釣れるという話は聞いていたのですが、ずっとハードベイトの釣りをしてきたのと、アメリカでは最寄りのバスプロショップでは手に入らなかった為、使う機会もありませんでした。

 

実は、当方は釣りについても基本は人とは釣行しません。

 

学生の時からそうなのですが、釣りの時はどうも人に合わせるのが苦手で(笑)

 

だから、現在メインでやっているボートの釣りは本当に自分のスタイルに合っていて最高なんです。

 

おっと、話が逸れました(笑)

 

それでコーナーを見ていた時ですが、そこまで直リグのフックやシンカーは意外と少ないなという印象を受けました(-_-メ)

 

そんな中でもトレブルフックでメインに使用しているオーナー針のカルティバ直リグリングドフックとシンカー(別売り)を購入することにしたんです。

 

カルティバでは、シンカーとセットのタイプも販売しています。

ですが、2セットしか入っていないんですよね(笑) それで680円近くするのは高いです(笑)

 

なので、フックとシンカーを別々に買いました。色々と針のサイズとウエイトを組み合わせられますからね。

 

フックは、#1、#1/0、#3/0、#5/0の4種類で比較的ディープなオフセット針が1種類のみ。(5本入り)

シンカーは1/8オンス~1オンスまで(シンカーはウエイトにより個数が異なる)


(カルティバHPより画像を拝借)

シンカーには予めスプリットリングが付いているので、簡単にオフセットフックについている溶接リングに装着が可能です。

 

スポンサーリンク

メリットは?

Sabu
今回カルティバを選んだのは、スナップを付けて使用できそうだなと思ったからなんです!

 

上記の写真を見ていただくと判るようにスナップを使用している。

 

直に溶接リング部に結べば良いのですが、当方はめんどくさがり屋なんです(笑)

 

だから、スナップ1つで、フックサイズも楽に変えられたらと思ったのです(´ε` )♪

 

案の定そのとおりで、現場で使用する際に楽でした。

 

あとは、シンカーが変にタングステンとかでないのも良いかも(笑)

 

当方は、カバーに対して上記の直リグセット(#3フック+7gシンカー+ビッグエスケープツイン )を撃っていったのですが、シンカーが鉛で大きいので、ゴミを貫くのが容易だったんです。

 

キャスト時のピッチングもやりやすかったんです。

 

まだ1回の釣行しか使用していないので、あまり多くは言えないのですが、「スナップ装着可能」と「シンカーが大きい点」が良いポイントだったと思います。

 

デメリットは?

Sabu
上記写真をみてもわかりますが、ホグ系に装着しやすい形状のオフセットフックしかライナップにはありません。これがマイナス点だと思います。

 

その他のストレートワームを装着した際には、ゲイブの部分に余りが出来てしまうので、根掛かりが多くなるかもしれません。

 

まあ、メーカーとしてもそこまでラインナップを広げることはしないのだと思います。

 

当方は基本がハードベイトで、要所要所でしからワームを使用しないので、十分なんですがね(笑)

 

スポンサーリンク

継続報告をします

Sabu
今回の三島湖では本当に運良く、ナイスバスを初の直リグでキャッチ出来たんです。本当にツイていたと思います。

 

まだまだ、このリグの懐の深さを理解出来ていないので、引き続きこの冬から来年の春にかけて継続使用していきたいと思います。

 

<タックルデータ>

ロッド:ダイワタトゥーラ711MHXB

リール:ダイワタトゥーラSVTW8.1L

ライン;デュエルカーボナイロン4号

フック:カルティバ直リグリングドフック3/0

シンカー:カルティバ直リグシンカー7g

 

さあ、今月最後の投稿となります。

 

今月も1ヶ月Sabuismにお付き合い頂き、有難うございましたm(_ _)m

 

来月は新製品情報も多くなりますし、英訳のコラムも多く書きたいと思いますので、引き続き宜しくお願いします٩(๑´0`๑)۶

 
 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism