【エモい】バス釣り界の風雲児「エレメンツのDavinci(ダヴィンチ)190」のSabuism的使い方(*´∀`*)♪

昨日は昼間に渋谷でエレメンツの久家さん、夜に上野でKakedzuka.comの欠塚さんと密会してきました(笑)

 

勿論ここでは書けませんが、お二人とも今後色々と仕掛けて行かれるようですよ!

 

2018年、まだ見ぬ新しい展開に心がワクワク・ドキドキしています٩(๑´0`๑)۶

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

Sabuism的ダヴィンチ190の使い方

Sabu
いやあ、この三島湖のダビンチ190フィッシュだけど、反響が大きかったんだよね、実は。
Kathy
いやあそれは、解禁日で47cm、業界の風雲児であるダヴィンチ190で釣ったのは意味がありますし、良かったと思いますよ(*´∀`*)
Sabu
流石Kathyは英語圏だよね!ダヴィンチって綺麗に発音してる!俺はコテコテで「ダビンチ」って言ってるし(笑)「ダヴィンチね」!
Kathy
そうですね、「ダヴィンチ190」。ところで、Sabuさんはどのような釣り方をしたのですか?ちょっと知りたいなあ(゚∀゚)。。
Sabu
そうだよね!今回釣ってみた釣り方と普段の使い方で2種類の使い方をしているので、それをまずは説明してみたいと思う。飽くまで俺の使い方だけどね(笑)初の手書き画像ありです(笑)
Kathy
画伯、期待しています(笑)

 

ダヴィンチ190のメインタックルから

Sabu
と、その前にダヴィンチ190のメインタックルをここで改めて明記します。

(写真は先日の戸面原ダムで撮影)

 

<タックルデータ>

ロッド:ノリーズロードランナーハードベイトスペシャル660HB(旧版)

リール:ジリオンTW100P(US仕様)

ルアー:ELEMENTSのDavinci(ダヴィンチ)190 グラマラスピンク←チューニング無し

ライン:キャスティングオリジナルフロロカーボン20lb

 

この組み合わせは、7月に頂いたモニター版フュージョンカラーからずっと使用しているカラーです。

こちらなんですが、余りにも色々ぶつけたり酷使をしすぎて、ボディにヒビが入り、浸水してしまいました。

 

キスバイトにしか持ち込めませんでしたが、これには色々と出会いが詰まっているので、展示用にしたいと思っています。

 

このストーリーはまた後日記事に書かせて頂きます。

 

さて、タックルは上記をずっと使用しています。

 

スポンサーリンク

使用ラインアイはどっち?

(ELEMENTS HPより画像を拝借)

Sabu
上記写真でお分かりのように、このルアーはフロントとバックにラインアイがあり、2つの動きを出すことが出来ます。

 

ですが、当方は「ツイストロールアクション」が個人的に艶かしくて好きです(*´∀`*)♪

 

なので、バイブレーションで使用可能なバックのラインアイは殆ど使用しません。

 

ここでのSabuism的使用方法は、全てフロント(鼻先)のラインアイでの解説となります。

 

リザーバーでの使用場所

Sabu
主に以下の2箇所で使用してます!

①岬エリア

 

②カバーエリア

Sabu
カバーはもっと濃くても使うね。
Kathy
そうなんですね!根掛かり沢山しそう(笑)
Sabu
まあね(笑)でも、カバーから誘い出すイメージで使うよ!

 

スポンサーリンク

使用テクニック

Sabu
使用方法は上記の攻める場所で変わります!

①岬エリア 

 

三島湖のケースで書きます。ここではまずX1でただ巻き。

 

X2はただ巻き+トゥウィッチ(ポーズは1-2秒)をして、ボート際で最後にポーズした際に下から突き上げてきました。

 

下記は津久井湖での動かし方ですが、参考までに。また新しい動画を近日中に撮りたいと思っています。

 

 

2投目だったと記憶していますが、どうしても釣る前後の記憶が曖昧になります(笑)

 

その後もX3→X1へと戻るローテーションを組んだのですが、再チェイスはありませんでした。

 

朝一結構水面でバストっぽいのがあったのと、房総ロッヂを出て一番先に目についた大場所だったのでここを最初に攻めました。

 

ですが、これが津久井湖だろうと相模湖だとうと使い方は7月からずっと一緒です。

 

②カバーエリア

カバーエリアでは、奥の奥はサイドキャストを使用しますが、殆どピッチングで攻めます。

 

ルアーを持って針を刺さないように、テキサスリグの要領で使用します。

 

ダヴィンチ190は一応2オンス(56g)あるので、ずっとオープンエリアで投げ続けるのは大変な場合もあります。

 

なので、当方の場合は、上記2点に使用方法を絞っています。

 

後は投げ続けるだけ

Sabu
とまあ、偉そうに能書きを垂れてきたのですが、レンタルボートで使用する場合は、とにかく投げ続けること。どれだけこのルアーで釣りたいかという「想い」が大事だと思うな
Kathy
そうは言っても心が折れそうになることもありますよね?
Sabu
上手い人は良いんだろうけど、自分は下手だから、とにかく投げた。7月から4ヶ月もかかったよ(笑)最近やっと動かし方が分かってきたんだ。一つのルアーを使い込む大切さを学んだよ。これが少しでも参考になるといいな。
Kathy
じゃあ、これから釣りまくりですね!
Sabu
有難う!頑張るよ(*´∀`*)♪
Kathy
しかし、それにしても絵が下手ですわ(笑)
Sabu
てへぺろ☆(・ω<) なんせ美術2だったからね(笑)

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism