【インプレ】SHIMANO(シマノ)のゾディアス166MH-2(2ピースロッド)でダビンチ190は楽勝に使用可能!

さて、そろそろこの記事で大分ネタもそろそろ尽きてきました(笑)

 

これ以降はまたバスマスターの翻訳記事等を執筆していきたいと思っています。

 

それでは今回は当方が信頼を寄せるシマノの2ピースロッドの1つ「ゾディアス166MH-2」について見ていきます。

 

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

ゾディアス166MH-2を購入

Kathy
そういえばSabuさんこの間の大分釣行向けに購入したゾディアス166MH-2はどうでした?
Sabu
おお中々良くて、遠征の時に使えるルアーの幅が広がったよ!ところで、髪型大分ショートにしたね!似合ってるよ( ´∀`)
Kathy
有難うございます!クリスマスに向けてイメージを変えてみようと٩(๑´0`๑)۶ Sabuさんも笑顔がいい感じですよ!そうですか、竿が無事に使えてよかったですね!
Sabu
グッド、グッド!竿なんだけど、リールはジリオンTW100Pをつけたんだ。もともとビッグベイト用に購入したからね。
Kathy
使用感含めて御解説お願いしますm(_ _)m
Sabu
了解!

 

大分遠征はベイト3本

Sabu
大分釣行はこの3本で行きました!

 

このゾディアス166MH-2は、遠征にはどうしても必要なアイテムだったんです。

 

理由は、現在遠征用のベイトタックルではアメニスタ160ML-2と166M-2の2本がありました。

 

ですが、どうしても重量系のジグやハードベイトには、向いて居なかったんですよね。

 

今年ダヴィンチ190の発売もありましたし、ビッグベイトを投げられるロッドが欲しいと思い始めていました。

 

そして、例のアブガルシアのロッドケースにしまい込める必要がありました(120㌢以下)。

 

ELEMENTSの久家さんより、ダビンチ190はMHでも使用可能と聞いていましたので、このアイテムにしました。

 

シマノゾディアス166MH-2

 

しかもベリーネットではなんと9,000で購入出来ました。

 

相当安いです。

 

しかもXテープ状に竿も巻かれているので、ねじれにも強いのでいい事づくしです。

 

アメニスタはねじれには弱いと思われます。(まあ、これでサメとかカンパチを何本も釣っているのですが(笑))

 

スポンサーリンク

ダヴィンチ190も楽にキャスト可

Sabu
使用したダイワのジリオンTW100Pは20lbフロロラインを巻いておいたんです。

 

ダヴィンチ190は2オンス(約56g)あり、この竿の対応ウェイト(ゾディアスは10~30g)を軽く超えています。

 

ですが、竿にしっかりとウェイトが乗り、気持ちよくキャストが決まりました。

 

またラバージグ(自作)+バスプロショップツインテールグラブも快適にキャスト出来ました。

 

残念ながら魚は取れませんでしたが、これからの遠征が楽しくなりそうな1本です。

 

釣りの幅が広がる

Sabu
ロッドのパワーが、ML,M、MHと3本揃ったことで、釣りの幅が広がったと思うんだよね
Kathy
これらのパワークラスは結構汎用性がありますもんね!遠征時には心強いですね!
Sabu
そうそう1ピースを持っていきたいのは山々なんだけど、費用もかかるし色々と手間。それなら送料も安く手間がかかりにくい2ピースが良いと思うんだ、経験上ね。
Kathy
いやあ賢いと思いますよ!是非他の方にも参考になるといいなあ(*´ω`*)
Sabu
そうだね!これが是非遠征の参考になれば幸いです!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism