【速報 Day1】JB「ジャパンスーパーバスクラシック2017」JBに所属する47名の熱い戦い@山梨県河口湖

弁慶堀に行ってきました!

 

1年ぶりだったのですが、詳細な報告は明日のブログにて!

 

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: JB TOP50

スポンサーリンク

 

Day1が終了

Sabu
どうやら放流が主流となっているようですね!
Kathy
丁度放流があったのでしょうかね

さて、Day1が無事に終了しました。

 

明日で頂点が決まります。

 

では見ていきましょう!

 

上位20名ランキング

Sabu
上位20名のランキングとなります。
Kathy
青木大介選手は意外と苦戦しているようですね(ヽ´ω`)

 

氏名 重量
1位 斎藤哲也 2,628g 5匹
2位 佐々一真 2,526g 5匹
3位 市村直之 2,308g 5匹
4位 鬼形毅 2,214g 5匹
5位 桐生晃男 2,094g 5匹
6位 渡並裕士 2,066g 5匹
7位 武田栄喜 2,042g 5匹
8位 SHINGO 2,020g 5匹
9位 藤田京弥 1,946g 2匹
10位 江口俊介 1,938g 5匹
11位 有里拓 1,936g 5匹
12位 市村修平 1,884g 5匹
13位 松村真樹 1,838g 5匹
14位 水野高宏 1,800g 5匹
15位 野村俊介 1,792g 5匹
16位 長谷川太紀 1,772g 5匹
17位 藤居賢司 1,712g 4匹
18位 青木大介 1,706g 5匹
19位 横川隼大 1,578g 4匹
20位 咲花之人 1,538g 4匹

初日首位はJBマスターズTOP10の斎藤哲也プロで、2位の佐々一真プロに約100gの差をつけていますが、正直これは明日次第で簡単にひっくり返るでしょう。

 

また先日のバサーオールスタークラシックAbemaTV解説にて解説を務めたレジットデザインのC.O.O鬼形プロが4位に。

 

青木大介プロは振るわず1,706gで18位に。

Day1ランキング

 

スポンサーリンク

上位の鍵は「放流バス」

 

どうやら、如何に効率的に放流バスを釣るかが上位への鍵のようですね。

 

まあ、河口湖だから当たり前ですね(笑)

 

しかし、こんなネイティブバスも出ているようです(*´ω`*)!

 

 

さあ、明日のDay2を楽しみに行きましょう!

 

では、また後程!


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism