【ルアー別インプレ】2017ノリーズ ロードランナーハードベイトスペシャル511LL+シマノカルカッタコンクエストBFS★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

昨日は高校時代のバンド仲間と飲んできました(笑)

 

バンドとは言っても季節労働者的な感じで、文化祭だけでしたが( ゚д゚)ハッ!

 

やはり持つべきものは友人です(*´ω`*)

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

ハードベイトスペシャル511LLとコンクエストBFSの両方をインプレ!

小型ハードベイトの特集を以前に行いましたが、それにマッチングする2017ノリーズロードランナーハードベイトスペシャルとシマノカルカッタコンクエストBFSというこの最強のタックルコンビを複数回に渡り使用してきました。

 

ノリーズロードランナー2017ハードベイトスペシャル511LL・・芦ノ湖*1、相模湖*3、津久井湖*2、多々良沼*2回の計8回。

 

シマノカルカッタコンクエストBFS・・相模湖*3、津久井湖*2、多々良沼*2の計7回。

 

ということで、10回使用目前で現在までに投げてきたルアーの重量を見ながら、ロッドとリールの使用感を簡潔に明記していきます。

 

購入の参考にしていただければ幸いです。

 

ラインはフロロカーボンの8lbと10lbを使用。

 

ロードランナーハードベイトスペシャル511LLの推奨使用ウエイトは、1/8オンス~1/4オンス。

スポンサーリンク

様々な重量の小型ルアーを使用してみた

とりあえず、様々な小型ルアーを使用してみました。同じ重量でも形状によって投げやすいとかあります。

 

ざっくばらんにみてみたいと思います。

 

ラッキークラフト ベビークランク45SR(4.8g)

コンクエストBFSですが、かなりイージーにキャストが可能です。ラインはフロロ8lb。サイドキャストとピッチングが快適。オーバーヘッドキャストは余裕。

 

小型クランクを快適にと謳い文句がありますが、この重量位までが快適に投げれると思います。それでもたまにラインが浮くことがありました。

 

ロードランナーについては、比較的しっかりとルアーを乗せてくれます

 

ラッキークラフト ベビーミノー45SP(2.0g)

正直投げれます(笑) これには驚きました。流石渓流向けだと思いました。ラインはフロロ8lb。下手すると大バックラッシュ(笑)

 

ロードランナー511LLとの組み合わせだとサイドキャストも出来ますが、キャストコントロールは容易ではありませんでした。

 

オーバーヘッドならサイドキャストよりも投げれますので、ベイトが小さい時や最終的な「食わせ」では使用出来ると思いますが、8lbフロロでベイトなので、フックが曲がったり折れそう(笑)

 

ラッキークラフト ベビープロップ55(5.2g)

ベビークランクと重量も略近い為、快適にキャストが可能でした。ロッドにもしっかりとウエイトが乗っかります。(フロロ8lb)

 

ベビーシャッド50SP(3.5g)

キャスト可能ですし、投げ易いです。3.5gはキャスト出来る範囲です。当方はサイドキャストで投げていました。下手するとバックラッシュするレベル。(ラインはフロロ8lb)

 

OSP i-Waver74F(3.8g)

ベビーシャッド同様にキャスト可能ですし、投げ易いです。3.8gも快適にキャスト出来る範囲です。当方はサイドキャストで投げていましたが、ラインが少し浮くレベル(フロロ8lb)。

 

OSP HPFクランク(8.9g)

フラットサイドクランクって風の影響を受けやすいので、キャストしにくいと思うんです。特にこのSpec2は重心移動も無いので。

 

そこで、ルアーのウエイトが乗るハードベイトスペシャル511LLで使用するとかなり快適にキャスト出来ます。そして、コンクエストBFSでも問題なくキャスト可能です。重量は9gありますが、これはありだと思います!

 

メガバス クワイエットグリフォンSR-X(7g)

滅茶苦茶投げやすいです。7gは相当快適な部類に入りますし、ロードランナー511LLであればどのキャストも高次元で使用出来ると思いました。フロロ10lbで使用。

 

メガバス フェルマータ(10g)

重量が3/8オンスあるのですが、ルアーが軽いので511LLでも扱い易いです。ダレますけどね(笑)

 

ジャッカル マイクロタッピー(4.8g)

やはり小粒系のルアーはかなりキャストし易いです。まったく問題ありません!おすすめです!フロロ10lb。

 

ノリーズ ロックパイルクロ-(7.5g)

既に廃盤のルアーですが、OSPのHPFクランクSpec2と同様に重心移動の無いフラットサイドクランク。フロロ8lb。

 

7.5gなので、HPFクランクSpec2よりも竿がダレないので、かなり投げやすいです。

 

この組み合わせにフラットサイドクランクはバッチリですね!

 

ノリーズ レイダウンミノーウェイクJW(5.0g)

フロロ10lbで使用しました。5gだとまあまあという感じでしょうか。フロロ8lbクラスが一番快適かと思いますが、10lbでも問題ありません。

 

当方の一番好きな組み合わせ。オーバーヘッドでもサイドでも5gは快適。

 

まとめ

下は2gから上は10gまでのルアーを2017ノリーズロードランナーハードベイトスペシャル511LLとカルカッタコンクエストBFSで使用してみました。

 

ここまで詳細に11個のルアー別で纏めた記事は無かったのではないでしょうか(笑)?

 

少しでも参考になると幸いです。

 

リールをダイワのピクシーにしようかなとか、アルファスエアーとかにしようかなとも考えましたが、この200gの重量が良いかと思います。田辺哲男さんも仰っていましたが、手元に重心がくるのでキャストがし易い。

 

また、ロードランナーも重量があるので、キャストが全体的に安定します。では最後に上記を纏めて終わりとします。

 

*ルアーウエイトは、4g~7g前後が一番快適にキャスト出来る。

*フラットサイドクランクや抵抗のあるルアーは通常タックルでは飛距離が出にくいので、この組み合わせでは◎。

*小粒系ルアーがピンスポットを狙いやすい。

*ピッチングでカバーに打ち込む釣りに向いている。ロングキャストは可能だが不向き。

 

さあ、小型ハードベイトであなたも快適なボートフィッシングを楽しんでみませんか?スピニングだと糸がヨレやすいので、ベイトで使用出来るとかなり快適出し、癖がつきにくいというのが当方の今までの感想です。

 

 
 

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism