【特集:前編】2017AOYチャンピオン(エリートシリーズ) ブランドン・パラニュークのタックルを覗き見する★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

本日は久々に横浜に出かけます。

 

用事が1つと友人との食事です。家の近所か釣りのどちらかが多いので、街へいくのはワクワクですね(笑)

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:画像をバスマスターウェブサイトよりお借りしています。(Seigo Saito)

スポンサーリンク

 

2017年エリートでAOYを獲得したパラニュークの道具を覗き見

先日のAOYチャンピオンシップで見事にAOYを獲得したブランドン・パラニューク。

 

彼の2017年を支えたインフラ関係、タックル関連をちょっと覗き見したいと思います。

 

簡潔にみていきますよ(゚∀゚)

 

愛車はトヨタのTUNDRA(タンドラ)

パラニュークとトヨタの関係は年齢の割に結構長いです。

 

これはまた別記事に起こす予定です。

 

スキーター社のバスボート

 

運びきれないほどのルアーが入っているようですよヮ(゚д゚)ォ!

 

2015年から変わっていなければ、スキーターのFX20にヤマハのVMAX SHOの250馬力を積んでいます。

 

バスマフィアのタックルボックス

バスマフィアのタックルボックスは、フレームにパッキンが付いていて、水分が入りにくい配慮がされています。

 

これは個人的にも欲しいですね(゚∀゚) 2,000円ちょっとしますが、ナイスだと思います。

 

シャロークランクはストームのアラシ

耐久性があるので、ここ数年マストアイテム(写真は3と5)だとか。彼は、ストームアラシのテスターでもありますね!

 

ラインアイが遊動式なのとサーキットボードリップのおかけで、障害物等にぶつかった際に泳ぎを修正してくれます。

 

ディープクランクはアラシとラパラDT10

 

ディープクランクは、ストームのアラシディープ10とラパラのDT10を使用。特にDT10はビギナーは持つべきアイテムと。

DT10の不足分をディープ10で補うようです。同じ深度で使用でき、アクションが異なる点が良いという。頑固なバスにこれが良いとか。

 

 
5mクラスを攻略出来るストームアラシのラトリンディープクランクもマストアイテム!

 

 

 

ジャークベイトはラパラ

クリアウォーターに強いジャークベイトですが、非常に多くの状況で1年中バスをキャッチ出来ます。シャドーラップとシャドーラップシャッドがお気に入り。

 

 

また、ジャークベイトは低水温期に良いとされますが、バスのバイトが浅くサスペンドしている際には有効。シャドーラップディープはお気に入り。

 

 

ストームのトゥイッチスティックのラトルがお気に入りのよう。

スポンサーリンク

トップウォーターはストームアラシシリーズ

 

アラシのトップウォーカーと新しいカバーポップを使用。両者異なるアクションを出す為、使い分けているようです。

フロッグはターミネーター社

 

ウォーキングフロッグ(左)はマットの厚くて密度のあるマットやカバーに使用し、ポッピングフロッグ(右)はそれほどヘビーでないベジテーションや晒されているレイダウンやウッド周りで使用。

 

さて、長くなってきたので、後編に続きます(笑)

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism