祝パラニュークAOY獲得!【速報 Day3final】トヨタ バスマスターエリートAOYチャンピオンシップ@ミラックスレイク in MN州★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

夜中の雨風は凄かったですね。これはベランダやばいなと思っていたのですが。。。

 

朝起きてみるとカンカンに晴れていますね(笑)何事も無かったようでΣ(゚Д゚)まあ、無事で何よりです(笑)

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: バスマスターウェブサイトより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

天候は荒れ気味?

最終日の日曜日Day3は結構荒れた天気になってしまったようですね。

 

各選手の写真を見ていても、バウに浸水しているシーンを多く見受けます。

 

そして、大会の結果は下記のようになりました!

 

大会優勝は、キース・コーム!!

大会優勝は、Day1から首位をリードしてきたキース・コームが見事に最終日も22lb-7をウエイインし、優勝しました!

 

安定の有る強さだったと思います(・∀・)!

 

最終トップ12名ランキング

AOYチャンピオンシップの最終のトップ12ランキングは以下のようになりました。

 

ジェイソン・クリスティは途中までパラニュークをリードしていたもののウエイトを伸ばすことが出来ず、19lb-2でウエイインし、最終19位。

 

ブランドン・パラニュークは19lb-14をウエイインし、それまでの貯金を活かす事ができ、最終ランキング20位。

スポンサーリンク

AOYはブランドン・パラニュークが獲得!Congratulations!!

  

 

もう説明は不要ですね(笑)

 

見事にブランドン・パラニュークが2017年のAOYを獲得しました!本当におめでとうございますm(_ _)m

 

実は彼は午前中は略ノーフィッシュ。で、昼頃に3lbをキャッチしてそこから19lb-14までウエイトを上げていったのが本当に凄すぎます。

彼の男泣きに貰い泣きしましたね。

 

数日間だと思いますが、下記のBassmasterの下部にある動画からインタビューが見れます。

 

一番下の動画から見れます(期間限定)

 

一応まだ最終的なAOYランキング(年間)は出ていない(何故ならDay2から変化無しのため)ので、何とも言えませんが、恐らく、ジェイソン・クリスティが2位であったのではないかと思います。

 

残酷ですが、勝者以外には光が当たりません。これがトーナメントの過酷さなのでは無いかと思います。

 

実際当方自身も他の人の特集をわざわざやろうとはなりません。

 

さて、ここからは写真で振り返るブランドン・パラニューク劇場ですΣ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

     

この時点まではまだ釣れていませんでした。

やはり、湖上は結構荒れていたようですね。

これが恐らく最初の3lb。ここから怒涛のラッシュが始まります。

 

最後の一枚はカメラマンと。いい表情しています٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

ブランドン・パラニュークの使用タックル

ハイテク魚探を駆使するブランドン・パラニューク。

ルアーの名称が不明の為、後程の詳しい記事をまちましょう。彼はこれをベイトで投げていました!

 

実は、ダイワ契約ではないと思うのですが、ダイワのリールをメインで使用。

 

イグジストのPE糸巻き量は結構少なめなんですね。

 

他にもスティーズA を使用しています。

バスマスターブラケット出場者も確定

さあ、昨年から始まったこのブラケット方式。

 

出場選手が確定しました。

 

Steve Kennedy versus Jacob Powroznik(右下)

 

Adrian Avena versus Michael Iaconelli(左下)

 

Kelly Jaye versus Dave Lefebre(左上)

 

Jonathon VanDam versus Ish Monroe(右上)

 

こちらは来週の火曜日からスタートします!クラシック出場権をかけて戦うワンオンワンマッチ。

 

勝利は誰の手に!

 

バスマスターシリーズはまた来週の火曜日夜から!

 

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism