並木敏成OSPルアー紹介!【前編(12-7位)】B.A.S.S.ノーザンオープン第3戦 ダグラスレイクトップ12名入賞ルアー★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

昨日はサボってしまいましたm(_ _)m さて、昨日から群馬県の多々良沼に来ています。難しいです(笑)

 

さて、Day2の本日は多々良沼マスターのしゅうりやさんと同行フィッシングです(*´ω`*)

 

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:バスマスターウェブサイトより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

ノーザンオープン第3戦ダグラスレイクの上位12名のルアー紹介!

 

さあ、恒例となっているバスマスターの上位ルアー紹介。

 

今回もありますよ٩(๑´0`๑)۶

 

そして勿論、並木敏成プロのルアー紹介もあります。

 

今回の並木敏成プロの渡米での目標の1つに、「OSPルアーがどれだけ活躍するか?」がありました。

 

今回の7位入賞はこれに大きく貢献したのではないかと思います。

 

トップ12位ランキングのおさらい

下記のようになっています。今回は、12位~7位までを御紹介!

 

12位:Mike Huff(マイク・ハフ)

FLWツアーシリーズにコアングラーとして参加しているケンタッキー出身の選手です。並木プロをサポートしたなべさんと同様のポジションですね。

 

ジグとテキサスを交互に使い分けたようです。

ジグは、3/4ozのランカールアージグ+4インチストライクキングライジテイルクロ-。

テキサスリグは、Missile Baits D Bombのスーバーバグ。これに4/0フック+3/8ozTGシンカー。

 

11位:Al Farace(アル・ファレイス)

2010年からノーザンオープンとサザンオープンをメインに活動しているアル・ファレイス。

 

友人のスティーブ・アレンダー作成のジグを使用したようです。

ウエイトは3/8ozでトレーラーは、3インチのバークレイのチガークロ-。

 

10位:Allen Brooks(アレン・ブルックス)

 

 

川にぽつんとあるカバーにフリップをし続け見事にトップ10を果たしたアレン・ブルックス。

 

Chattahoochee Jig Company社のKiller Miller Patternの1/2ozn。

 

これに4インチのストライクキングレイジテイルクロ-のブラウンチャートリュースを使用。

 

9位:Brad Burkhart( ブラッド・バークハード)

切り立ったバンクに交差させてスローローリングさせたようです。

 

1/2オンスKiller Bass BaitのOne Killer Blade Spinnerbaitだそうです。

 

トレーラーには、ズームの3インチファット・アルバートグラブ。

左がクリアウォーター使用。右がステインウォーター使用とのことです。

 

たしかに、ステインなら少し濁り対策も必要ですよね!

 

8位:Wil Hardy(ウィル・ハーディー)

2010年頃からノーザン・セントラル・サザンオープンに参加しているウィル・ハーディー。

 

 

3つのルアーを使い分けたようです。

 

右がズームのトリックワーム6.5インチ+1/4オンスのジグヘッドでジグヘッドワッキーに。

左は、ズームの3.5インチウルトラスピードバイブ+3/4oz Green Tackle Creeper Headを使用。 

 

 

3つ目はストライクキングの8XD Blue  Back Herringカラー。

 

7位:並木敏成

最後はOSP代表の並木敏成!

 

自身のアメリカ参戦における目的の1つ「OSPルアーの紹介」は今回達成されましたね!

 

 

OSPのクランクベイトとジグ!

 

どうやら、メインはクランクベイトだったようですね。ブリッツMR(上段)とブリッツEX DR(下段)。

スローダウンした釣りには、3/8と1/2ozのゼロ3ハンツを使用し、トレーラーはドライブシャッド。

 

如何でしたでしょうか?

 

では、気になる後編をお楽しみに!

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism