7位入賞!「並木敏成」有終の美!【速報 Day3 】バスプロショップス-ノーザンオープン第3戦 ダグラスレイク (テネシー州)★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

さあ、今日はここ最近の中でも一番気になる大会であったと思います。

 

何せ10年ぶりにアメリカのトーナメントに参戦する並木敏成プロが3回目の参戦で決勝進出ですから!これは間違いなく大ニュースです!

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: バスマスターウェブサイトより画像をお借りしています。(I am borrowing several pictures from Bassmaster website)

スポンサーリンク

 

 

並木敏成は見事に「7位」入賞!おめでとう!٩(๑´0`๑)۶

並木敏成プロですが、ダグラスレイクの減水とバスボートの使用で苦労されたようですが、それでも最終日釣ってきました!

 

ウエイトは、

 

「6lb-9」

 

 

総合ウエイトは、

 

「31lb-12」

 

で見事ラッキー7の「7位」に入賞することが出来ました!!!٩(๑´0`๑)۶

 

10年のブランク、そして3回目の参戦にして素晴らしい結果を2017年残す事が出来たのでは無いでしょうか?

(Toshinari Namiki Facebook Pageより)

下記でも紹介しますが、アルミボート+エンジンのエントリー者達が劇浅のシャローに入り込み、良い思いをしたそうです。

 

並木プロ本当にお疲れ様でした!!!

 

優勝はエリートプロのオット・デフォー!

優勝は予想通り、エリートプロのオット・デフォー!そして彼は見事にホームレイクでの優勝を飾りました。

 

最終日は、15lb-9を釣り上げて合計「50lb-3」で優勝!

 

当然彼に近いを出す選手は他では皆がドリューベントンではないかと思っていましたが、彼は1lb-5で合計32lb-12に終わりました。

 

最終日は同じエリートプロのドリュー・ベントンとの一騎打ちで、似たようなエリアを釣っていた両者。

 

勝敗を分けたのは何だったのでしょうか?

 

両者共にアルミボート(デフォーはトラッカーボート)+エンジンの組み合わせで、減水したダグラスレイクの上流に入り込み、バスをキャッチしたようです。

 

主にオット・デフォーですが。。

 

バスボートの使用者も多かったので、これは大きなアドバンテージになったと思います。

 

確か以前にオープン戦でスカイラーハミルトンが優勝した際にも同様に減水のレイクでアルミボート(トラッカー)を使用していたと記憶しています。

 

若干記憶が曖昧ですが、アメリカのオープン戦ではメジャーです。(エリートシリーズは×)

 

Bassmasterの解説を見ていくと、

DeFoe ran up the French Broad River again with his Tracker tunnel hull aluminum boat that produced 17-4 limits the first two days, but he struggled early today and caught only five keepers all day. However it was enough to clinch the victory. 

(Day1と2で17lb-4のリミットメイクをしていたフレンチリバーに再度走った(with Trackerのアルミボート)が、朝方釣果に苦しみ、1日やって5匹のキーバーしか揃えられなかったという。それでも優勝には十分であった)

 

 “The water has not been stable all week,” DeFoe said. “I was thinking today could be really, really good, just because the French Broad had been falling but there was some extra flow in the Pigeon River this morning and it seemed to kind of throw the fishing off a little.”

どうやら、他のPigeon川から水が入り込み魚が散ってしまったようです。Day1と2とは違うコンディションに苦しんだという。

スポンサーリンク

オット・デフォー劇場

 

ダグラスレイクの上流はこのようにかなり干上がっているようです。

アルミニウム製のボート!

オット・デフォーとドリューベントンの一騎打ち!ドリュー・ベントンが2016年からエリートシリーズに参戦し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。

    

キールアーは、スピナーベイト!?

 

メインの使用ルアーと攻めたレンジは?

The local favorite caught his first fish of the day on a bladed jig and his second keeper flipping a black-and-blue 1/2-ounce Terminator Pro Jig with a Bass Pro Shops Elite Chunk.

どうやら1匹目はブレードジグで2匹めはフリッピング。フリッピングはTerminator社のプロジグ+バスプロショップスオリジナルエリートチャンクワーム(BK/BL)でシンカーは1/2oz。

Switching to a Texas-rigged Bass Pro Shops Bull Hog, DeFoe caught his next two keepers and still had three hours to catch his fifth bass.

そこからバスプロショップスオリジナルのブルホグのテキサスリグに切り替えて3匹目と4匹目、そして3時間を残して5匹目も同じリグでキャッチ。

He went to a bank where he had caught big fish in the past and boated a 4 1/2-pounder on the Terminator Jig that clinched the victory.

これは5匹に終始したことをみると最初の1匹目でしょうかね。過去にビッグ・フィッシュを獲得したバンクで、キッカーとなる4lb半をジグでゲットしたようです。

 

All of his fish throughout the tournament came from 1 to 3 feet of water.

浅瀬をトラッカーボートで攻めたので、攻略レンジは1-3フィート(≒30cm~90cm)。

 

ワームが中心の試合運びだったようです!

 

最終トップ12ランキングは?

ウェイイン会場の様子。

そして最終ランキングは、以下のようになりました。

並木敏成プロの名前が嬉しいですね!(´ε` )

 

さあ、これから日本語で色々と解説が上がってくると思います。

 

それはまたそれで待ちましょう!

 

並木プロの解説は別記事でまた特集したいと思います!

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism