【スモールマウスバスタックル紹介2】<後編6位~1位>レイク・シャンプレインでの上位陣ルアー紹介٩(๑´0`๑)۶★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

昨晩は、ツイッターのフォロワーさん達と恐怖体験話で大分盛り上がってしまいました。この時期は怖いもの見たくなりますよね(笑)

 

今度怖いというか、不思議な実体験をしたことがあるので、それをブログに書きますヽ(´ー`)ノ お楽しみに!

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:バスマスターウェブサイトウェブサイトを元に画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

上位6位からトップのアーロンまで紹介

 

前回に前半を紹介したのが、8月3日でしたね。申し訳ありません、大分日がしまいました。

 

前半の記事はこちら。

【スモールマウスバスタックル紹介2】<前編12位~7位>レイク・シャンプレインでの...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 今週は釣りには行けそうに無いのですが、来週は行きたいなと考えています。 場所は、相模湖か神奈川のあのリザーバーに行きたいと考えています(*´∀`) <Facebook...

 

いよいよ、後編となります。

 

ランキングも改めて載せておきます!

 

6位:Brandon Laster(ブランドン・ラスター)

 

ダウンショットとネッドリグを多用した模様。

 

前者は、4インチのX Zone Lureのスリムスイマー+#4フック+1/4オンスシンカー。

 

ネッドリグには、Mustad Grip Pin Nedのジグヘッドと3インチのX ZoneのTrue Center Stickを使用。

 

バスの群れの中に投入し、明らかにバス達が他の見慣れたルアーとは違う反応をしめしたという。

 

5位:Kelly Jaye (ケリー・ジェイ)

ケリー・ジェイプロですが、トップウォーターとジャークベイトをメインで使用したようです。

 

前者は、ヘドンのソルトウォータースーパースプーク(チャートリュース/クリアー)と、後者はメガバスのワンテン110でした。

 

4位:Jacob Wheeler(ジェイコブ・ウィーラー)

メインは、一番会場から遠かったハードボトムエリアをメインに選択し、ディープ隣接の長い岩礁帯のシャローを釣っていったようです。

 

ルアーは、3/8VMCのジグヘッド+Storm者の360GT スイムベイトでした。

 

【ICAST2017】アメリカの魅力溢れる新製品紹介「ソフトルアー(ワーム)編」★
お昼ですね!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。大塚にある担々麺の名店「鳴龍」(リンクあり)に行きたい今日このごろです。ここは不定休も多いので、しっかり調べてから行かれることをおすすめします。スープがめちゃ美味いです(*´∀`)<...

 

 

ほかにもキャロライナリグで3.25インチの Gene Larew Luresのビッフル・バグJr.+3/0フック+3/4オンスのタングステンシンカーと、ラパラのシャドウラップディープを使用。

3位:Brandon Palaniuk(ブランドン・パラニューク)

 

ポストスポーンのスモール狙いに照準を絞っていたというパラニューク。

 

そして、リアクションバイトを誘発するルアーを中心に絞ったという。

 

ダウンショットには、ズーム社のZドロップ+#2のフック+3/8か1/4オンスのタングステンシンカー(重いですね!)

そして、リアクションバイト誘発用としては、スポンサーのストーム社のアラシスピンベイト(グリーンギル)をスパイベイトテクニックで使用した模様。(これ10gなんですが、スピニングで使用)

 

 

それから、アラシのトップウォーカー13(アユカラー )+VMCフェザーフック。

 

それからジェイコブ・ウィーラー同様に、ラパラのシャドウラップディープも使用。

 

2位:Seth Feider (セス・ファイダー)

ひげがトレードマークのセス・ファイダーは、自身が監修を務める Out kast Takleのセスファイダージグを使用したという。

 

キモは、スカートとトレーラーのワームの触手をカットしてコンパクトにしたという。

 

1位:Aaron Martens(アーロン・マーテンス)

 

優勝したアーロンは、ウィードに覆われているフラットな岩場をダウンショットで攻めました。

 

ロボワーム4.25インチ(Red Black Flake)+#1ガマカツフィネスヘビーカバーフック+1/4TGシンカー。

 

釣り方等の詳細は、下記の「考察」記事をお楽しみください!

 

別記事もお楽しみください。

アーロン・マーテンス19位からの大逆転劇!【速報 Day3 Final】 B.A.S S.バスマス...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 本日は天気良さそうですね!清々しい天気とともに1週間がスタートしました。 今週も楽しく、元気に過ごしていきましょう! そして、明日からはいよいよ8月に突入です!...

 

【考察】アーロン・マーテンス 優勝の鍵は「シャローのラージマウスパターン」( ゚д...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 昨日執筆した記事がちょい爆発を起こしており、特にツイッターでは多くのアングラーのコメントを頂きました。 こういった「思考系」の記事は自分も執筆していて楽しい...

 

それでは行ってらっしゃい!

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism