【ICAST2017】パート1:豪華バスマスターエリートプロ達が紹介する新製品達★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

ここ最近記事のネタがありすぎて困っています(笑)でもこれって凄く有難いのです!ですが、記事を出すタイミングを間違えると皆さんの目に留まらないこともあるのです。

気を付けて有益な情報を出していきたいと思います(*´ω`*)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source :バスマスター ウェブサイト (画像をお借りしています。)

スポンサーリンク

エリートプロが直接説明してくる!

 

今回はエリートプロが直接商品を持って説明しているところを取材している記事を組み合わせてみました。

 

自スポンサーを押している部分はあると思いますが、今年の目玉が分かるかもしれません。

 

いけるだけ紹介したいと思います。最後にはロッドやリール全てジャンルに分けて保存版の紹介をしようと思っています。

 

MOSSY OAK Wear(モッシーオークウェアー)

このICAST2017で明らかになったようですが、アメリカのハンティング等で有名なMOSSY OAK ELEMENTS社が手掛ける水面を意識したパターンの迷彩系鵜ウェアの第一スポンサードされる選手がケビン・バンダムのようです。

 

HUK(フック)は日本でも有名になってきているアメリカのアパレルメーカー(機能ウエア)メーカーですが、こことMOSSY OAK ELEMNTSが手を組んで出来たアイテムがこれだそうです。(トップ画)

 

ここはブランドン・パラニュークが解説してくれます。

 

日本でも欲しい方いらっしゃるのではないでしょうか?ブルーの柄が気になりますね!

 

バーグレイパワーベイト

写真はジャスティン・ルーカス。イケメンですね(・∀・)

 

これって、ほぼゲーリーのセンコーやバスプロショップスのStick Oみたいですね(笑)

 

釣具業界お得意の「パクリ」でしょうか(笑)

 

ABU REVO X

そして。AbuからはRevo Xシリーズが新しく販売されますが、どうやら99ドルのようです。安すぎますww

ギヤ比は、5.4、 6.6、 7.3の3つ。

 

LIVINGSTON LURE(リビングストンルアー)

リビングストンルアーといえば、ランディー・ハウエルがバスマスタークラシックを優勝した際にも使用していたルアーとして有名ですね。ルアーの中に電子基盤やサウンドチャンバーをいれていることでも有名。

一旦水中に投入すると、ベイトフィッシュの音を真似た音を発し、バスにアピールします。

 

上記の制御盤がその役にたっているわけですね。

 

右手は新作フロッグのFreddy B Frog( 右)と左はDiablo Mid drivingクランクベイト。

 

Fitzgerald Fishing (フィッツジェラルドフィッシング)

日本では馴染みの無いブランドですがアメリカでは結構一般的なブランドのようです。

 

説明しているのは、エリートプロのクリフプリンス。

 

今回のロッドは、フロリダのグラスを攻略したハード仕様のロッドとなっているようですよ。

Fitzgerald Fishing -Tackel Warehouse

 

さて、終わりそうに無いので、本日はここまでです!

 

華金ですので、頑張りましょう!

 

 

Have a Great Fishing!


サブイズム-Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism