【コラム・後編】グレッグ・ハックニー流 マッディーウォーターでのバスの探し方★

お昼ですね!。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

今日はカナダから一時帰国している大学時代の友人と一杯。楽しみです。あと少ししたら渋谷へ早めに繰り出します。

さて、グレッグ・ハックニーの記事後編となります。今後はグレッグの指南どおり、マッディーウォーターで使用できそうなルアー(サブイズム-Sabuismチョイスですが(笑))も紹介していきたいと思います。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source: Bassmaster Website

スポンサーリンク

 

前回までのおさらい

水が濁った時は、バスはボトムべったりではなく、

 

そこから少し浮いた部分かつ光が差し込むギリギリの部分に居ると。

 

それから濁りがきつくない場合はカバー周りに居るけれど、

 

超マッディーウォーターではカバーに身を乗せてべったりとのことでした。

 

詳細は以下でどうぞ!

【コラム・前編】グレッグ・ハックニー流 マッディーウォーターでのバスの探し方★
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。前回のマッディーウォーターでのバスの釣り方と併せて読んで頂けると楽しめると思います!<Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>S...

 

さあ、今回はどうなるか!?

 

ラージマウスバスの居付き場所

A largemouth bass can’t handle a fierce current for very long. They have to get behind something or move into slack water areas.

(ラージマウスバスは、長時間強いカレントに居ることは出来ません。彼らは何かの後ろに隠れたり、水のヨレ部分でないと居れません。)

 

この点は、スモールマウスバウは強そうですね!

 

And, there’s almost always a lot of that kind of water available because muddy water caused by storms also means a lot of water moves up and floods places that are normally dry.

(そして、殆どの場合それらのような水域が利用可能なんです。理由は、マッディーウォーターはストーム(嵐)によって引き起こされ、普段は感想している場所で、沢山の水が動き、洪水が起きるからです。)

この居付き場所を探せばいいのか!?

 

That’s usually your best water. Not only does it meet the conditions I’ve already described but grass and bushes as well as other stuff on the shore filter the water.

(そこが貴方のベスト水域です。私が既に述べた条件を満たす場所だけではなく、グラスやブッシュもショアラインの水を浄化する他のモノと同様に適した場所です。)

The difference in color might be slight and not look all that significant to us. However, a bass living in it sees that slight difference as huge. 

(色の違いですがすこしであり、凄く重要ではありません。しかしながら、大きい個体ほど少し異なるようです。)

目的志向型のバス

Muddy water bass are target oriented bass. That means we should be target oriented, too. If I run into a bay or backwater area, I immediately look towards the shore. I want to see something that’s shallow, out of the current and has cover in it.

(マッディーウォーターのバスは、「目的志向型のバス」と言えます。どういうことかと言うと、私達が目的志向型になるべきだということです。もし、湾やバックウォーターに出くわしたならば、私は直ぐにショアに目をやります。そのシャロー、流れの外側、そしてカバーの中の何かを見たいのです。)

まずは浅場に目をやり、それから残りという感じでしょうかね。

I don’t care if that cover is a stump, a laydown, a rock or a flooded dock. And, if there’s something back there that’ll filter the water so much the better.

(私はそのカバーがスタンプ、レイダウン、岩、浸水したドックであろうと構いません。そして、そこにもし水を浄化してくれるフィルターの役割をするものがあれば尚更良いです。)


カバー+水のフィルター効果!

カレントエリアでの対応

However, if I’m fishing a river or out in the main lake where there’s a pretty good current the only thing I’m really looking for is the current break.

(しかしながら、もし良いカレントしかない川やメインレイクの外側で釣りをしている場合は、カレントブレイク(流れのぶつかる場所)を真剣に探します。)

カレントブレイクの場所は右下の場所です。

(http://discovercatfishing.com/2011/10/how-to-fish-for-catfish-finding-patterns-for-success/)

That’s the one factor that’ll make up for anything else. They have to be able to get out of that moving water and rest. It’s the only way they can survive.

(それは何か他を埋めてくる可能性のある要素になります。バスは流れから身を避けて、休息します。それがバスが唯一生き残る手段なんです。)

キーは、流れがない場所!

Next time we’re going to talk about picking lures for muddy water. That’s a pretty basic deal, really. Think water movement, noise, size and color.

(次回は、マッディーウォーターで使用するルアーについてお話します。とっても基礎的です。水の動き、音、サイズ、色についてです。)

さあ、その記事はいかにあります(笑)

見逃してしまった方、よろしければどうぞ!

前編

【コラム・前編】グレッグ・ハックニー(エリートプロ)に学ぶマッディーウォーター...
お昼ですね!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。お昼前に申し訳ありませんが、お腹の調子が悪く苦しんでいます(笑)お酒の飲み過ぎなんでしょうか。。今日は2日酔+腹痛に苦しんでます(^_^;)<Facebookページへの「いいね!」を押して頂...

 

後編

【コラム・後編】グレッグ・ハックニー(エリートプロ)に学ぶマッディーウォーター...
お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。さて、華金ですね!今週も一週間お疲れ様でした!\(^o^)/さあて日曜日はいよいよH1!当方は出ませんが、どんなパターンが飛び出すか楽しみです!<Facebookページへの「いいね!」を押...

 

さあ、当方もお昼を食べて、渋谷へ繰り出す準備をしなければ、、、

勿論、渋谷で仕事もします(´∀`*)ウフフ

それでは良いお昼を!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

*貴方が素敵な釣りが出来ますように! May you have Great Fishing !

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism