【Sabuism Box 002】オータニ昆虫館 デカスズメバチルアー★

夜分に失礼します。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

前回の001のティムコのレッドペッパーマイクロ記事が意外と反応があり、嬉しく思っております。

長い記事も読み応えがあって良いですが、ここで掲げている800文字でのサクッとした記事も

ありかなあと思っております。早速ですが、1回目から1000字超えてますが(爆)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

出会いはJFLCC

このルアーとの出会いはJFLCC(ジャパン・フィッシング・ルアー・コレクターズ・クラブ)でした。

【レポート】 JFLCC主催!第22回 アンティークタックル&ビルダーズショー in東京
こんばんわ。サブイズムです。大宮の駅前に多くの成人式を終えたばかりの若人たちがいました。自分もまだまだ若者ですが、少しだけ20歳という若さを羨ましく思いました(笑) JFLCC展示会とは?3連休中日である日曜日に、初めてJFLCC展示会に参加してきました。当...

 

会場内を歩いていると、とても奇妙なルアー達が、、、スズメバチにムカデなど(笑)

 

とても気持ち悪いなと思いました(大谷さんすいません!)でも、何故かこのルアーに惹かれたんです。

 

代表の大谷さんと話をしていると面白いルアーだと思い、購入しました。

 

価格は5,600円前後だったと思います。

オータニ昆虫館

他にもセミやムカデ等ユニークなルアーをすべてハンドメイドで作成しています。

HPがないようなので、詳しくは大谷さんのFacebookへ!

オータニ昆虫館

 

スーパーリアルですよね(笑)

 

 

使用タックルは?

重量は20-23gとなります。

当方はロードランナーヴォイスハードベイトスペシャル560Lに20lbナイロンラインで使用。

動きは、クローラーに近いですね、

羽は修理可能

正直羽は折れそうです(笑)

キャストの際にも結構ぶつかりますからね。

でも大丈夫!オータニ昆虫館さんに連絡を取れば、直してもらえるという。

値段は忘れてしまったので、要確認です!

っと、ここで余裕で900文字超えてる(笑)。

収まらない~(笑)

ということで、では!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism