【特集パート1】エコギアのスキップインザシェード以外に新定番になり得るジグヘッドを探してみる★

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

いやー、やってしまいましたね、小出恵介さん。

これはもう衝撃的な事件だったと思います。

演歌歌手宇の宇都ノ宮晃容疑者のように児童買春(これももちろんだめですが)ではなく、未成年に無理やり酒を飲ませ、肉体関係を強要とはなかなかの凄まじい行為だと思います。

折角の明石家さんま企画のドラマ「Jimmy」も中止に。

スポンサーリンク

やはり、芸能人は自分がどれだけ大きな影響力を持ち、軽率な行動がどのように周りに迷惑をかけるのかをきちんとわきまえないといけないですね。小出恵介さん、しっかりと反省しましょう。

当方も情報配信をする立場にあります。実名も出しています。

しっかりとした身の振舞い方をしていきたいと思います。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

お気に入りのジグヘッドは?

どうでしょう?

 

当方に対して、多くの方がハードベイトを使用しているイメージをお持ちでしょうか?

 

実は当方、フィネスを行う際にジグヘッドを好んで使用します。

 

特にリザーバーに出かける際にはスピニングタックルを1本は積むようにしています。

 

お気に入りのものはマルキューから販売されているスキップインザシェードです。

これはノリーズの田辺哲男プロがアメリカのトーナメントで桟橋をハッスンのスキッピングで攻略するために製作されたジグヘッド。

 

税込みで388円

このヘッドとキーパー部分のセパレート部分を、オフセットフックのクランクした部分と同様にして、ワームのボディーにフック部分を埋め込むようにして使用します。

↓セットすると下記のようになります。

これがかなり使えるジグヘッドなんですが、最近どのお店を除いても棚にないんです。。。

 

需要がないのかな。。。

 

やはりJBやNBCのFECO対応を受けてか、タングステンジグヘッドが明らかに増えたと思います。

 

勿論ノーマルの鉛のジグヘッドも未だに販売されていますが、やはり時代錯誤すよね。。

 

このスキップインザシェードも使用していると、上記写真のようにだんだんと錘の粉が出てきます。

 

スキップインザシェードが何の材料を使用しているかはわかりかねますが、その部分は好きではない為、昔ではウレタンの溶液に浸して被膜を作り、粉防止をしていました。

 

まだまだストックはあるのですが、今後の定番を変えないといけないので、現在どのようなジグヘッドがあるかを調べてみました。

 

まあ、自分が欲しいのを探す目的もありますが(笑)

 

数が多そうなので、パート1と2に分けて記載したいと思います。

 

 

現在販売されているジグヘッド

当方は、ノリーズのレディーフィッシュ3-1/2を多用することが多いです。

 

それは、リザーバーの岬の先端を効率良く右と左のエッジを打つようにして使用するからです。

 

結構昔ですが、檜原湖の赤土エリアの岬をこのパターンでまあまあサイズのスモールを釣り上げることが出来ました。

 

さて、ジグヘッド見ていきましょう。(ワッキー用は除外します。値段は代表アイテムの値段のみ。サイズにより変わります)

 

まずは大御所のオーナー針から。

OWNER(オーナー) オカッパリヘッド JH-38シリーズ

このフックの良い所は、もともとジグヘッドが、タイトル通りオフセットになっている点です。

しかし、タングステンバージョンはありません。

税込みで432円

 

OWNER(オーナー)インウィードヘッドシリーズ  JH-32

これは、ヘッド部のツイストロックキーバーがワームのずれを防止。なかなかよさげです。

税込み389円

 

OWNER(オーナー)スウィングヘッド JH-10シリーズ

これはより強烈なワームキーパーがフックの中央部に付属。しかし、重量系のウェイトがない。

オーナーでは最後の紹介はこれ。

OWNER(オーナー)スレッドヘッド11602 シリーズ

同社の中では、最初の方のインウィードシリーズに近いですね。これのオフセットバージョンでしょうか。

良さげです。

税込み340円(1枚あたり換算)

 

さて、次はこちらも有名なDECOYフック!

 

DECOY(デコイ ) NAIL BOMB(ネイルボム)シリーズ

これも上記のカルティバと似た形状になります。

税込みで395円

 

DECOY(デコイ)のDECIBO(デシーボ)シリーズ

 個人的には形状があまり好きではありません(笑)

税込みで363円

 

DECOY(デコイ) VIOLENCE JIGHEAD(バイオレンス ジグヘッド)

こちらオフセットではないが、通常のワームキーパーを付属したタイプのジグヘッド。

税込みで363円。オフセットより手間がかからないのだろうか、少し安め。

 

DECOY(デコイ)プラスマジック VI-74シリーズ

特徴としては、ショートシャンクのジグヘッドでスモールワームに対応が◎。

当方はワイヤーのガード付きを使用していますが、Webを見る限り、ワームずれ防止部分もワームへの損傷が少なそうでこれは良さそう。

税込み340円は安い。

 

さて、今回はここまでとしておきます。

まだハヤブサとかもありますからね。それは次回に!

 

では!

 

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism