【情報共有】ノリーズ ヒラクランクギルの「フィン折れ」についてウエルエフが神対応★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

昨日衝撃なニュースをテレビで見ました。

「セルフネグレクト」というものです。

普通「ネグレクト」というと親が子供の育児放棄をしたり(子供以外でもありますが)、「セルフネグレクト」は自分で自分の管理を放棄することを指すそうです。

代表的な例としては、ゴミ屋敷問題があります。

スポンサーリンク

きっかけは親や家族との死別であったり、ショッキングな事態が起こると「誰にでも起こりうることだそうです。

そして、高齢者の孤独死の約8割がこれに起因するということらしいです。。

身の回りにこういう方が居ないのでわかりませんが、居る場合は行政に掛け合うのも1つの手かもしれません。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Souce: NORIES

 

フィンが折れてしまった

当方が使用していたのは、ヒラクランクギル110F。

実は先日の亀山ダム釣行で岩盤にぶつけてしまい、見事に破損してしまいました。実は視力が良くない為なんです(笑)

スポンサーリンク

 

以前のヒラクランクシリーズ(ギルと名前が付く前まで)は、全て樹脂タイプのものでした。以下を御参照ください。

現在はプラスチック系素材の為、強度面では以前よりも慎重にならざるを得ません。

そして、確認したところ実はノリーズさんのヒラクランクギル紹介サイトには、フィン折れについての情報は書いてありませんでした。

ヒラクランクギル110F

 

他のヒラクランクギルSビル110SS、140Fにも記載はありませんでした。

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。昨日の亀山ダム釣行のレポートを早速レポートしてみたいと思います。帰宅後片づけもままにならない現状ですが、まずは1記事入魂!ですね(笑)<Facebookページへの「いいね!」を押...

 

 

ネットで調べてみた

以前から色々な方が修理方法や、作成方法をウェブで公開していることは知っていました。

例えば、ノリーズプロスタッフの香取潤一プロはスペア作成方法をブログで述べています。

 

ノリーズ(ウエルエフ)さんに質問した後の本日発見しました。こういった投稿は大事ですね!

あとは、ツイッターのフォロワーさんの中には、100円ショップの下敷きでオリジナルフィンを作成されている方もいらっしゃいました。

ノリーズの神対応

さて、ここは自分で聞くのが一番確実だし、情報を正確に知れるということでノリーズにメールを送りました。

ノリーズはお客様センターを用意しています。

お問い合わせ先(ノリーズではなく、ウエルエフが管理しています)
info@well-f.jp

 

ここに9時38分に質問を送りました。(一部修正してある点御了承ください)

 

その回答が何と僅か1時間20分弱の11時4分には回答が来ました!

これだけでもスピード的に神対応だと個人的に思います。なぜなら午前中って企業は色々ばたばたします。そんな中でエンドユーザーの質問にかなりタイムリーに答えてくれています。

その回答がこちら。

 

「ヒラクランクギルシリーズのフィン(テールパーツ)販売」はしています!!

 

1枚300円(税別)で販売しているとのこと!(ただし、これはメーカーHPには記載されていません、何故(笑)?)

在庫無ければ、納期は約1週間。在庫切れの場合は1ヶ月以内のお届けになるようです。

それにしても凄く丁寧な文章を頂きました。

こういう部分にお客様への真摯な対応を見ることが出来ますね!

ますますノリーズ製品が好きになります。

そして、ノリーズロードランナーのフォアグリップも外れました(グリップが)が、これにも神的なコメントが。。

これはまた次回に!

(注)当方はノリーズの製品を愛用している、一エンドユーザーであり、ノリーズを販売・運営するウエルエフとの関係はありません。

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism