要チェック!【特集】B.A.S S.エリートで活躍するブランドン・パラニュークの天才ぶり★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

仕事を辞めて時間が出来たことにより、今までできなかったことが出来るようになりました。その1つにブログです。ここ最近アクセス数が上がってきています。

まあまだまだなので、伸びしろは沢山あるのですが、1つ1つ丁寧にシステムを作り上げ、より多くの読者さんに読んで頂けたらと思っています。昨日より一部記事の中の部分を変えました。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Souce: Bassmaster Website

スポンサーリンク

 

皆さんに知って欲しいこと

御存知のように今、バスマスターエリートシリーズの世代交代が着々と進行しています。

リッククランが昨年2016年のバスマスターエリートシリーズ初戦(セント・ジョーンズリバー戦)を

制したのは記憶に新しいと思います。

【ケビン・バンダムコラム】愛をこめて to リック・クラン!
お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。本記事はリライト記事になります。昨年の2016バスマスターエリートシリーズ初戦にて劇的な優勝をしたリック・クランの優勝劇に対してケビン・バンダムが賛辞を贈ったコラムとなります。...

そして、ケビン・バンダムも2016年に2度の優勝をしました。

【保存版:ロングインタビュー】 ケビン・バンダム(KVD)カムバック!★
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 本日は当方が尊敬する先輩方が出場するH-1グランプリが房総の亀山ダムにて開催されています。結果は当方ブログにもリンクのあるNamaroさんがレポートを何時も配信して下さってい...

上記のトレドベンド戦とクラシックバケットの2つです。

しかし、最終順位は30位でシングル入賞は出来ませんでした。

そして、2017年になり、FLWから刺客であるジェイコブ・ウィーラーが初戦のチェロキーレイクで見事に優勝。

優勝おめでとう!Jacob Wheeler!【速報 Day4&まとめ】B.A.S S.バスマスターエ...
おはようございます。サブイズムです。いよいよ座学研修が終わり、今週から本格的な同行営業がスタートします。業界が全く異なるため、色々と苦労する点はありますが、一歩一歩しっかりと対応していきたいと思います。さて、Day4Finalの情報をUpdateします。今回も情...

 

クラシックではジョーダン・リーが見事に優勝し、ブレント・エーラーも大活躍しました。

世代交代へ!ジョーダンリー優勝おめでとう!【速報 Day3 Final】2017 B.A.S S. バ...
こんばんわ、サブイズムです。今さっきベトナムからの客人の3日間の内、1日目対応が終わりました。残り2日となります。肉体的に運転で大変な面もありますが、非常に良い経験をさせてもらっています。やはり通訳をして人の架け橋になれる仕事は最高ですね。自分にしか...

 

第4戦のロス・バーネット戦に至っては26歳のダスティン・コネルが優勝

26歳のDustin Connelが初優勝!【Day4ファイナル 速報】 B.A.S S.バスマスターエリ...
おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。なんと昨晩は夜の10時には寝てしまいました(笑)ナマローブログNEOさんとのコラボであるH-1GPXの記事を執筆中にです。どうやら津久井湖釣行の影響のようですね。こちらは内容の濃い...

 

先日行われたトヨタバスマスターバスフェスタで優勝した今回の主役、ブランドン・パラニューク。

これはもう完全に世代交代です。

ブランドン・パラニュークが見事に優勝!!【速報 Day4 ファイナル】トヨタ・バス...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。今週は大阪営業所から先輩が来て同行営業の1週間となります。入社3か月目のフォローアップ同行とのこと。有難いことです。この機会に沢山質問したいと思います。<Facebookページ...

 

 

今日はそんな中でも天才肌を見せているブランド・パラニュークを深堀してみます。

間違いなく、彼は今後のバスマスターエリートシリーズの中核を担う選手だと思います。

是非とも覚えて見てください!ケビン・バンダム、リッククラン、ショーグリズビー等レジェンドメンバーが沢山いますが、間違いなく来年や再来年には核の選手になると思います。

ブランドン・パラニュークです。

以下からB.A.S S.記者のマイク・スーチャン氏による記事「Daily Limit: ‘Prodigy’ strikes again」の訳となります。

完結に記載するため、一部抜粋と要約をしている点、御容赦願います。

天才と呼ばれた男の再来

ブランドン・パラニュークは22歳の時にエリートシリーズに姿を表し、名物司会者である

デイブ・マーサー氏に”天才”と呼ぶにふさわしいとニックネームをもらった過去があります。

そして彼は今年の11月3日になるまでまだ30歳にもなっていません。

“I told myself, every two to three years, I’d love to win an Elite Series event,” he said. “It’s been four years.”

(僕は自分に言い聞かせたんだ、2-3年毎にエリートシリーズで優勝したいんだと。4年もかかっちゃったよ(笑)”

このサム・レイバンでの彼の勝利は、エリートでは4度目の優勝となります。

実は毎年、彼は惜しいところで勝利を逃していました。

僕はね、優勝しか興味がないんだよ。どうしても負けるのが嫌でね。

他の選手はキャッシュの欲しさのあまり、そういった順位を狙いに行くことも。

“I hate losing. I want to win. I don’t like second, I don’t third. I’m going to fish every one to win.”

負けるのは大嫌い!勝ちたいんだよ。僕は2位でも3位でも好きではないんだ。どうしても勝ちたいんだ。

とは言いつつも、実は初戦のチェロキーレイクでは105位、第2戦のオキチョビ戦では49位となっているが、

他ではトップ12にはいり、今回は優勝もした。

 

輝かしい戦歴

なんと現在までにエリートシリーズで7年が経過しているが、83戦行われた試合の内53戦でキャッシュを手にしている。

その賞金金額合計は、US$891,164-(日本円で約9000万ちょっと)となっている。これは65%の勝率です。

そして、過去7年のバスマスタークラシックに全て出場しています。

超詳細戦歴は以下のリンクよりどうぞ

ブランドン・パラニューク戦歴

 

下記は2011年の初バスマスタークラシック出場時の写真で、この時は4位でした。

 

近年は惜しい成績ばかりだった

一番最近では、2015年のセント・クレアでの2位でした。これは首位と6lb-1差。

実は最終日前のDay3までは首位のトッド・フェアクロスではなく、ブランドン・パラニュークが

首位だったんです。そして2012年のグリーンベイでも2位でした。

(実は今回の優勝は2013年以来の4年ぶりでした。他は2012と2013年。)

そして、2013年にグランド・レイクで開催されたクラシックでも、

ブランドン・パラニュークは3lb差で2位となります。

その直後から彼はもがいていました。その年のエリート最初の3戦のベストは81位でした。

そう、彼はここで毎年継続してクラシックに出場するためには、エリートシリーズにて

勝利し、そこに行くしかなかった訳です。

今回のサム・レイバンでのトヨタバスマスターバスフェスタにおいても最終日ぎりぎりまで彼が

優勝するかどうかは不透明でした。なぜなら、ブレント・エーラーは非公式ではあるものの

6lbクラスのバスを持っていましたし、ボートの上での軽量だったからです。

試合終了間際にいくらかの魚を釣っていましたが、ブレントを打ち取れるほどの魚ではありませんでしたが、

彼はバイトが続いていたことでチャンスがあることを分かっていました。

そして、帰着が3時だったのに対して2時36分にその待望の魚はやってきました、5lb-15でした。

この魚のお陰で21lb-12を達成し、優勝することが出来ました。この魚がなければ順位は変わっていました。

ブランドン・パラニュークの彼女は壇上に上がり、彼ったら毎晩「これにどうしても勝ちたいんだ、勝ちたいんだ」と
言っていたのよと。

ブランドンは誰に対してもそう言っていたのです。(シャイではないってこと)

 

さて、如何でしたでしょうか?

誰彼のまえにかかわらず、御自身の主張を訴え続けるのは素晴らしと思います。

言葉は言霊ですからね!

今週のバスマスターエリートシリーズ第5戦のレイク・ダーダネル戦も期待しています!

大森貴洋11位入賞経験あり!【告知】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ 第5戦...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。朝早く起きるっていいですね! 自由人初日の朝となります。現在朝の5時50分。昨日は11時半には就寝したため、非常に心地よい気分です(笑)早起きは三文の得といいますが、四文に出...

 

最後に、バスボート周辺の観点からシャロー道さんもブランドン・パラニュークを特集しています。

宜しければどうぞ!

シャロー道 ブランドン・パラニューク特集

 

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism