【インプレ】風を切り、ディープを攻略!ノリーズ WIND RANGE(ウィンドレンジ)シリーズ★

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

昨晩は会社の仲間と久しぶりに飲んできました。

普段は営業で外を走り回っている当方は中々メンバーと飲む時間が無いため、

昨晩は非常に嬉しかったです。こういう時間大切にしたいです。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

実は、隠れた名作ルアー!?

このルアー実はすごく好きなんです(笑)

何でかというと、比較的大きなバスが釣れるからです(笑) 田辺哲男さん、素敵なルアーを有難うございます!

実は、当方のFacebookページ写真のバスもWIND RANGEで釣り上げています。(3/8オンス) これはアメリカのレイクのシャローで。

最近ではなかなか店頭に並んでいる姿を見かけることがなくなりました。

一応ノリーズのカタログ2017には掲載されていましたが、売れ行きが好調でないのでしょうか?

その点が大変不安です。。

先日の相模湖釣行でも釣り上げたのが、このノリーズWIND RANGE(ウィンドレンジ)でした。

【レポート】相模湖の43㎝バス出た!ノリーズ ロードランナーヴォイスLTT 650MH入...
おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 長かったGW(ゴールデンウィーク)も昨日で終了ですしたね。 本日からまたバタバタした日常に戻ります。 この長ーい休みで得たことは、今年初の初バスでした(笑...

 

よく、”風が吹いたらスピナーベイト”(村田基)というフレーズを皆さんも耳にしたことがあると思います。

しかし、スピナーベイトはコロラド&ウィローリーフの場合は、空気抵抗が大きくなり、キャストしても飛距離が出にくい場合があります。

このウィンドレンジはその部分を克服しつつも、しっかりと強風の中でも狙ったスポットにキャストが可能なルアーとなっています。

そして何より釣れるんです。

それが、ノリーズのWIND RANGE(ウィンドレンジ)です!

ノリーズ WIND RANGE(ウィンドレンジ)の特徴は?

当方の考えるこのルアーの特徴&メリットは以下の3点です。

1、コンパクトで風の影響を受けにくい = 飛距離が出る

2、値段が安い = コスト減

3、5/8までラインナップされている為、ディープ攻略が容易 = よく沈む

まあ、1と2については名前の通り風を味方につけるルアーということでわかるのですが、サブイズム-Sabuism的には3がキモと思っています。

そう、ディープ攻略の鍵となるルアーなのです。

 

ディープスピナーベイト?

スピナーベイトをディープで使用することってありますか?

そう、よくスローロールという単語を耳にしますが、それってどのくらいまでをやるのでしょうか?

 

2m?5m?10m?それとも、、、、

 

しかし、ディープで使用するにしてもスピナーベイトは通常抵抗が大きいルアーであるため、浮き上がりやすくゆっくり巻叶い限り、深い部分はリトリーブしにくいものです。

ここではスローロールとは区別しますが、単純に亀山や相模湖、津久井湖といったディープウォーターを保有するクリア乃至はステインウォーターを中心としたレイクでの使用を見ていきたいと思います。

サブイズム-Sabuism的使用方法

2つの使い方をします。

1、風の強い日にシャローでわざと重いWND RANGE(ウィンドレンジ)を使用。→シャローレイク

2、ディープウォーターを早く効率的に攻める場合。→ディープが存在するリザーバー

1の場合は、まさに先日の相模湖のパターンです。秋山川上流のガマ部はかなりシャローです。

しかも強風であったので、空気抵抗の少ない重量系のWIND RANGE(ウィンドレンジ)を用いてキャストをすることでバスを得ました。

何よりもコンパクト重量系のルアーはキャストもしやすいし、ただでさえイライラする強風でも快適にキャストを積み重ねることでバスへのアプローチが楽しくなると考えています。

次に2番のディープでの使用です。

当方は、魚探でディープ(3m以上の深さがある)の場合は、WIND RANGE(ウィンドレンジ)の1/2又は、5/8を沈めて使用します。

このルアーはブレードがタンデムコロラド(今はタンデムウィローもあります)かつサイズが通常のクリスタルSよりも小さいため、水中での水の抵抗が少なくルアーを巻きやすい。そして浮き上がりにくい。

これは、このルアーの大きな特徴だと思います。

なので、立木とブレイクが混在する場所を見つけた場合は、キャストして一旦ラインを手で放出し、垂直に沈めます。

そしてボトムについたらしゃくり上げて巻く。というスタイルを取っています。

これで実際に釣り上げたのは、昨年2016年の亀山ダムでの2匹でした。(つばきもとボート右手を出て右側にあるエリアで釣りました。

またつばきもとキャンプ場の裏にある島との合流部分でも同様のパターンがはまりました。重さは5/8オンス。

サイズは30そこそこでしたが、自分の狙ったやり方で釣れた場合は嬉しさも倍増ですよね!

さて、ノリーズ WND RANGE(ウィンドレンジ)のインプレとサブイズム-Sabuism的使用方法を明記してみましたが、如何でしたでしょうか?

これから初夏にかけてバスが沈む傾向にありますが、この際にも有効なパターンであると思います。

もしよければ、是非シャローとディープでこのWIND RANGE(ウィンドレンジ)を使い分けてみては如何でしょうか?

参考までに、最新のノリーズ パワーロールの記事も載せておきます!

【購入】 田辺哲男氏渾身作:ノリーズ パワーロール 1オンス★
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 本記事はリライト記事となります。 昨晩は大雨になりましたね。当方なんと21時から寝ていました(笑) ですが、雨の音で12時に一回目が覚め、そこから少ししてこの記事を...

 

では!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism