18年越し!Johnny McCombsが初優勝!【Day4ファイナル速報】FLWツアーシリーズ 第5戦 Beaver Lake@ AR州

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

ツイッターを御覧頂ていた方は御存知だと思いますが、本日は激タフの津久井湖に行ってきました。

結果は見事にホゲ(笑)そして雷雨によりお昼で退散という無念な結果に。

しかし、収穫もありました。それはロードランナーLTT650MHを色々と仕えたことです。

これはもう少し使用してからインプレッションとして記事にしますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

余談ですが、津久井湖のバスは未だにスポーニング個体がいます。これは6月でもいるそうですよ!

御興味のある方は是非津久井湖へ。

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source: FLW Website

 

優勝はJohnny McCombs!

2003年からのFLWツアーシリーズに参加しており、初優勝を飾りました!

彼の詳細を知りたい方は下記Day3のサブイズム-Sabuismリンクへどうぞ!

2017 FLWツアー Beaver Lake Day3

 

1999年からFLWツアーに参加しているJohnny McCombsは2001年まではTOP10フィニッシュを5回ほど達成していましたが、その後は目立った成績もなく、今回のBeaver Lake戦優勝までこれといったキャリアがありませんでした。

今回の優勝が今後の彼のキャリアを再形成するのは間違いありません。

優勝パターンは?

“I just kept trying to find my way back to the bank any way I could,” he says. “They like to get behind the bushes when the water comes up. All the good ones I caught were on a buzzbait except one that I caught on a jig the third day.”

McCombs tweaked his buzzbait – a white War Eagle model fitted with a Zoom Horny Toad – by swapping the blade for one that spins in the opposite direction than what comes stock. He wanted the bait to track toward the bank so that if he made a bad cast, he could more easily steer it in the right direction. He fished it on 25-pound-test Seaguar fluorocarbon line.

昨日も紹介しましたが、彼の攻略は増水時にはブッシュの流れの当たらないインサイド(Behind the bush)を攻めるというものでした。

三日目の1匹以外はほぼ「バズベイト」で攻略したという。キモはペラの向きを純正とは逆に変えていたようです。

ラインはシーガーのフロロカーボン25lb。太いなあ(笑) 

 

上位トップ12名の最終ランキング

驚くことに、最終日のDay4は何と12名中2名がノーフィッシュという結果に。

詳細は以下。

最大でなんと10lb-8しか釣れていなく、首位のJohnny McCombsはなんと5lb-4で合計47lb-1で優勝。

前日までの貯金が生きた結果となりました。

そして、AOYランキング首位を突っ走るBryan ThriftはこのタフなBeaver Lake戦でも3位に入賞。

これでポイントランキングを980に。2位とは83P。これはもう略ほぼ決定ではないでしょうか!?

1. Johnny McCombs – Morris, Ala. – 47-1 (17) – $100,400

2. Jason Reyes – Huffman, Texas – 44-11 (18) – $30,000

3. Bryan Thrift – Shelby, N.C. – 43-3 (20) – $25,100

4. Keith Bryan – Novato, Calif. – 42-14 (20) – $20,000

5. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 40-10 (18) – $19,000

6. Scott Canterbury – Springville, Ala. – 39-8 (18) – $18,000

7. John Cox – DeBary, Fla. – 38-7 (16) – $17,000

8. Christopher Brasher – Longview, Texas – 37-8 (18) – $16,000

9. Brandon McMillan – Clewiston, Fla. – 36-0 (16) – $15,000

10. Dean Alexander – Georgetown, Texas – 34-5 (16) – $14,000

FLWツアーシリーズ第6戦は Mississippi River(5/18-5/21)


http://www.riverlorian.com/mississippiriver.htm

ミネソタ州を源泉としてメキシコ湾に注ぎ込むミシシッピ川。今回の場所はウィスコンシン州からのスタートとなります。ミシガン湖の西となります。2016年9月上旬にバスマスターエリートシリーズが開催されました。その際の優勝者は、Ott Defoe選手でした。63lb近く釣り上げています。今回は5月なので、アフター狙いでしょうか!?それとも回復系?

次回も日本人選手の活躍に期待しましょう!

2017 FLWツアーシリーズ年間スケジュール

 

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism