無念。清水盛三&大森貴洋予選通過ならず【Day2 速報】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ 第4戦 Ross Barnett @ MS ★

おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

本日は久々に1人で何時もの環境でゆっくり休める日となります。ベトナムから帰国後怒涛の1週間でした。

バスマスターエリートシリーズやFLWがある時のこの速報って正直楽しすぎます(笑)

何が楽しいかってやはり、日本人選手が外国人選手相手に奮闘している姿が美しいってことなんです。

異国の地での彼らにエールをこのサブイズム-Sabuismから少しでも送れればと思います。

スポンサーリンク

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Souce: Bassmater Website

清水盛三、大森貴洋は?

非常に残念な報告をしなければなりませんが、清水盛三と大森貴洋は共にDay3へと進むことが出来ませんでした。

大森選手はDay3への条件となる上位50名枠に入ることが出来ませんでした。

やはりここ数日のマッディーウォーター増水による影響だったのでしょうか?

理由はさておき、お二人の結果は以下の通り。

清水盛三は、4匹で8lb-5の合計11lb-9となり101位。。

見てお分かりの通り、大荒れのどちゃ濁りです。

 

バスボートがもろに波を被っていますね。

 

大森貴洋は5匹で10lb-7の合計21lb-7で64位でした。

どんな時でも結果を出さないといけないのがプロですが、二人にここRoss Barnetはその牙をむきました。

急な増水、濁り、プレッシャー、人口密度の高さ。今回のRoss Barnetはエリート戦でも一番小規模なレイクであるため、ウェイトも伸びておらず、トップでさえ36lb-7のローウェイトになっています。

次回の第5戦Lake Dardanelle戦に期待しましょう!

↓こういった「絵」がアメリカトーナメントの良い部分だと思います。日本もあるとは思いますが。。

Day2リーダーはDustin Connel!

驚くことなかれ、この選手は1990年生まれのまだ若干26歳(アラバマ州出身)であるという事実だ。

並居るプロ連中を抑え、何と36lb-7を釣り上げている。そしてトーナメント出場回数は8回(笑)少ないぞ!

でもきちんと成果を出しています。2位のMark Menendezとは約2lb(1匹?)の差。Ross Barnetの2位以下の混戦模様を見れば1つ頭が出ている状況。

しかし、下記でみてもわかるように、初日から3lb以上ウェイトを落としている点を考えるとどうか。。

釣っているルアーが気になりますね。

 

トップ10ランキング

さあ、Day3へと駒を進める50名の内TOP10は下記の選手。

初日首位だったBrandon Cardは3位にいますが、まだまだ逆転のチャンスはあります。

Ross Barnet戦 Day1結果

 

またダイワサポートプロのIsh Monroeがなんと10位に!

Place Name Day1
Fish / Weight
Day2
Fish / Weight
Total
Fish / Weight
1 Dustin Connell 5 / 19-12 5 / 16-11 10 / 36- 7
2 Mark Menendez 5 / 17- 0 5 / 17-11 10 / 34-11
3 Brandon Card 5 / 22-14 5 / 11- 0 10 / 33-14
4 Dave Lefebre 5 / 18- 4 5 / 15-10 10 / 33-14
5 Bobby Lane Jr. 5 / 20-14 5 / 11-10 10 / 32- 8
6 Mark Davis 5 / 20-10 5 / 11-04 10 / 31-14
7 Keith Poche 5 / 20- 2 5 / 11- 0 10 / 31- 2
8 Jonathon VanDam 5 / 15-13 5 / 15- 1 10 / 30-14
9 Jared Lintner 5 / 16-11 3 / 14- 1 8 / 30-12
10 Ish Monroe 5 / 14- 7 5 / 16- 2 10 / 30- 9

日本人選手が居なくなったDay3ですが、まだまだトーナメントは終わっていません。

有名選手では、なんと17位にKVDことケビンバンダム選手が!19位にRandy Howell。24位にSkeet Reese。28位にJason Christine。

31位に一押しのBrandon Paraniuk。38位にSeth Feider。40位にEdwin Evers。44位にChad Grigsby。47位にGreg Hackney。

そして50位には生涯獲得賞金が1億円を超えるBill Lowenが。

リッククランは残念ながら57位で予選落ちになりました。

明日は大事な友人の結婚式が朝早くからあるため、更新は遅くなる可能性があります。御了承ください。

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事を気に入ってくれたら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん、応援の程宜しくお願い致します!”あなたの1いいね!”がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism