【進捗】並木敏成、渡米まで2ヶ月を切る。

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

ベトナムでの2週目を迎えております。先週末はベトナムブランチの社長別荘宅にて存分にベトナムの釣りを楽しんできました。釣果は上記の@sabu94_1982で紹介しています。

 

後程ベトナム釣行記をまとめたいとおもっていますので、少々お待ちください。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Top Photo :FLW

スポンサーリンク

 

いよいよ2か月を切りました

並木敏成プロの渡米がいよいよ2か月を切りました。と断言させて頂きます。

 

まずは以下のFacebookの投稿を御覧ください。

 

記事は3月28日に投稿されており、この時点であと2か月ちょっとと言われていました。

 

本日が4/17であることを考えれば、もう6月17には渡米していないと間に合わないと思われます。

 

ノーザンオープン1戦目は6/29~7/1

ノーザンオープンは6月の最終週から開催されます。

 

ここでは日本人アングラー5名が参加予定です。

B.A.S S.ノーザンオープン 並木敏成 深江真一 加藤誠司  5名
宮崎友輔 伊豫部健  

 

2017年の日本人アングラー動向は下記の記事で楽しめます。

 

👉【特集】アメリカトーナメントを追いかける日本のサムライ達-Samurai★

 

スポンサーリンク

 

オフリミット期間は存在しない

御存知だと思いますが、オープン戦ではオフリミット期間が存在しません。

 

公式プラクティスについては、6/26月曜日の12時1分から競技開始前までが公式の3日間プラとなります。

 

試合前日に大体レジストレーション登録(試合に出る為の登録確認)をするのですが、この登録後は、トーナメント水域で釣りをすることを禁じられています。

 

またB.A.S S.他のトーナメント同様に情報収集も厳しく規定されています。

 

2017バスマスターオープンのルールはこちら。

 

上記を踏まえると、、

今回の並木敏成プロの渡米がどのようなスタイルで行われるかはまだ明らかになっていませんが、2006年の最終FLW参戦年かその前年の2005年は

 

キャンプ場でテントを張り、トーナメントに参加していたと当方記憶しております。確か以前か今もリッククランもしているそうです。

 

ビザの取得、飛行機・車の手配、宿、現地でのプラクティスを考慮すると6月の1週目か、2週目には渡米していないと全てが間に合わなくなる可能性があります。とういうことで、2か月を切ったという当方の独断と偏見で見出しをつけさせていただきました。

 

今回の参戦ではガチで勝ちに行く大会ではないと御本人も公言されていますが、流石にOSPの代表がボロボロになるわけにはいかないと思います。

 

今年50歳になった並木敏成。最後のFLW参戦時は40歳。この10年で肉体は衰えたと思いますが、バスフィッシングへの情熱・腕は以前と変わらないままだと思います。

 

さあ、今後も並木敏成プロの動向があり次第随時アップしていきます。

 

なんせ10年目のチャレンジですから。

 

トップ画像のようなやり取りでTOSHIの笑顔が見たい!!(写真はFLW参戦時のもの)

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism