ケビンバンダム、大森貴洋決勝進出ならず。。【Day3 速報】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ 第3戦 Toledo Bend @LA★

おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

さて、本日夜中のフライトでベトナムへ旅立ちます。まあ、2週間程の出張はこれまでも

何度も経験しているので、大丈夫なのですが、”暑さ”にやられないかが心配です(笑)

折角の機会なので、ベトナムの様子もアップ出来たらと思っています。

 

Souce: Bassmater Website

スポンサーリンク

大森貴洋40位で決勝進出ならず

大森貴洋はDay2終了時点までの38位ランキングから順位を上げることが出来ず

Day3では40位となり、バスマスターエリートシリーズ第3戦の幕を閉じました。

釣果は5匹で10lb-14。最終重量は39lb-2.

今期の日本人選手はこのままでは厳しい状況に向かっていくと思います。

ここら辺で大きな動きがほしい。

以下はアマケンさんTwitterより

 

Day1&Day2結果

👉大森貴洋16位と好スタート!【Day1 速報】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ 第3戦 Toledo Bend @LA★

👉大森貴洋38位でセミファイナルへ!【Day2 速報】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ 第3戦 Toledo Bend @LA★

首位は再びエリートルーキーのJamie Hartman

なんとDay3のトーナメントリーダーも、2017年のエリートシリーズルーキーの

Jamie Hartman(ジェイミーハートマン)となりました。17lb-14を釣り、56lb-15でトップへ。

今回のポイントは、プリスポーン、スポーン中のバスを釣り分けることでした。

ハートマンは、既にバスのスポーニングは終了しているものと思い、このToledo Bendoに

来ていたそうです。しかし、釣りを進めていくうちに、もろにスポーニングの最中であることを

悟りました(これはエリートクラスの選手であれば、皆気が付くと思いますが)

そして照準をプリスポーンとスポーン最中のバスに合わせていき、Day3は

ベッドで3匹釣り上げました。残りの2匹は10m近い場所から釣り上げたプリスポーンのバスであり、

こちらの個体の方が大きかった模様。

さあ、Day4はこれらがシャローに移動するのか!?結果が楽しみです。

前回王者の陥落

大変残念ですが、前回王者のケビンバンダムですが、11lb-12しかDay3に釣ることが出来ず、

3日間の合計で42lb-11の29位に終わりました。何か大きな動きを見せてほしかったのですが、

アジャスト出来なかったようです。本当はバンダムの写真を入れたかったのですが、現時点では

彼の写真をBassmater Webで確認できませんでした。それだけ注目度も低かったのか!?

👉【ケビンバンダムコラム】Toledo Bend戦で勝利したテクニック★

👉【B.A.S.S.記者コラム】ケビンバンダム 王の帰還-Return of the King

いずれにしても世代交代がかなりスタートしています。

IKEことマイケルアイコネリ選手もDay3は12lb-14と振るわず合計44lb-5(21位)で決勝進出ならず。

2016クラシック覇者のEdwineversも25位で終了。

TOP 12ランキング

上位陣にはまたもやFLWからの流入プロやオープン戦を勝ち抜いたプロそして

エリートプロで長くやってきた若手の名前が目立ちます

初日首位だったJacob Wheelerですが、現在は47lb-11で8位。

なんと、バズベイトをメインに据えているようです。

この辺はシャロー道さんのブログをどうぞ!

シャロー道

 

そして2位には2015クラシック覇者のCasey Ashley。

注目すべきはやはり当方が以前から目を付けているBrandon Palaniuk。

Day3は17lb-1で、現在合計50lb-9。首位との差は6lb弱。

今期からZoomとの契約をしているプロとなります。

何と試合中にナイス6lbクラスをゲット。この時点で6匹ライブウェルに居たという。

 

こういったCanal(水路)ではテキサスリグを、そしてオープンウォーターでは

ディープクランクを多用していたそうです。

明日が楽しみです!

決勝ファイナルへむけて

アマケンさんもTwitterで言われていましたが、明日はサイト合戦になるのか!?

Jamie Hartmanの動向が気になります。もうこのまま突っ走ってほしい感じですが、

どうなるのでしょうか?

明日の更新はベトナム出張の為、タイムリーにならない可能性があります。

最終結果は後程パターンも含めてじっくりと解説したいと思います。

さあ、Day4 Finalもお楽しみに!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援宜しくお願いします!
あなたの1いいね!がこのブログを育てまにす!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism