【総集編】バスマスタークラシック2017を振り返る★

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

今週はなんと激動のトーナメントウィークとなります。

まずバスマスターエリートシリーズ第3戦、次にFLWツアーシリーズの第4戦、そしてJBTOP50初戦が開催されます。

米国ツアーは4/6(木)~4/9(日)、そしてJBは4/7(金)~9(日)です。

なんと全て重なっているという。速報者泣かせも甚だしい(笑)

スポンサーリンク

ということで今書かなければならない記事がほかにもあるため、今週はかなりイレギュラーに書きます。

 

Source:https://www.bassmaster.com/

バスマスタークラシック2017を振り返る

まずは先月末に開催されたバスマスタークラシック2017の過去記事を中心に振り返りをしたいと思います。

開催地のテキサスヒューストンにあるLake Conroe!

そして、まずは何といっても優勝者のジョーダンリーです!

天井を見上げるジョーダンリーにはどのような世界が見えていたのでしょうか!?

優勝のメインルアーは、Strike King社の5XDで、これが大当たり。状況がスローな時は1/2オンスのフットボールジグに同じくStrike King社の4インチRage Tailをセットして使用したとのこと。

 

ブレントエーラーの勢い!

やはりトーナメントですからジョーダンリーの優勝がピックアップされるのは当然なのですが、ブレントエーラーが実はDay2まではトーナメントリーダーでした。

Day1

Day2

テキサスの豚バス

そしてこのPig Bassは大きくBassmaterでも取り上げられました。

次回は是非頑張ってもらいたいですね。

そして、豚バスに湧いたテキサスヒューストン。スカイラーハミルトンのPig Bassもどうぞ!

IKEも推定10lbオーバーの豚バスを!

 

過去のクラシック優勝者

過去に優勝したクラシック優勝者を振り返ります。

ただ一人の日本人選手、大森貴洋

大森貴洋の名前が優勝トロフィーに。そしてBassmater Websiteに大森貴洋特集が組まれました。

結果は残念ながら予選敗退。。

さあ、2018年のLake Hartwellではどんなドラマが待ち受けているのでしょうか!?そして、今年のエリートプロの活躍に期待です!

 

では、また後程!


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism