押しメンは、琵琶湖のキムケン!【告知】バスプロショップス-セントラルオープン第1戦 Table Rock Lake @ MO州

おはようございます。サブイズムです。

いやあ、河津桜も少しずつ咲き始め春の訪れを感じる今日この頃です。気温も昼間は少しずつ暖かくなってきていますね。いよいよスポーニングのシーズンだと実感します。

そんなスポーニングシーズンの前に、今週は大学時代の友人と横浜で開催されるボートショーに行ってきます。これもパシフィコ横浜です。釣りにも関係してくる展示があるので楽しみです。
👉Japan International Boat show 2017

今季最多6人の日本人選手出場予定!

さて、今年というか近年熱を帯びてきているB.A.S S.バスプロショップスのオープン戦ですが、3月3日(木)~5日(土)にてTable Rock Lakeにて開催れます。

そして、このセントラルオープンに関しては今季最多の6人の日本人選手が出場予定です。

スポンサーリンク

詳細は当方の下記記事を御参照ください。リンクあります。

👉【特集】アメリカトーナメントを追いかける日本のサムライ達-Samurai★

B.A.S S.セントラルオープン

佐藤義和 松下雅幸 木村建太 6名
加藤誠司 宮崎友輔 伊豫部健

その他に、大熊一徳も現在セントラルオープンに申し込みをかけて、ウェイティング中という。ただし、Blogを拝見する限り、どうやらウェイティングは無理だったようです。

*Basser誌、Bassmaster Websiteを参照にしています。

サブイズムの注目選手は!?

当方の注目選手としては、今年のセントラルオープンで米国トーナメント参戦12年目を迎える木村建太ことキムケン(以下キムケン)です。

昨年のセントラルオープンでも初日大活躍をし、6位スタートをする活躍も見せています。

👉琵琶湖のキムケン大爆発で6位スタート!【速報!】 Day1 バスプロショップス セントラルオープン 第3戦 Atchafalaya Basin Morgan City 

伊豫部健がアメリカ挑戦7年だったと思いますが(間違っていたら御指摘願います。)、それでエリート昇格を果たしました。

バサー誌3月号でも紹介されていますが、キムケンは琵琶湖でのガイド業とメディアの二足の草鞋+渡米の三足の草鞋で活動をしている為、中々伊豫部健のようには結果を出すことが難しいのかもしれません。

ですが、キムケン本人もオープン戦で上位5名に入り、エリート出場そして、ゆくゆくはバスマスタークラシック(今月末に2017年の大会があります。告知は後程)にも強く出たいとのこと。

何時も大会の初日以降パターンを崩していくという欠点をしっかりと見つめつつ、今季の戦いに臨んでいると思われます。

ブログを見る限り、プラクティスは好調のようです!

ブログ:KIMUKEN

是非活躍を期待しています!

Table Rock Lakeはどんな湖?

ラージマウス、スモールマウス、スポッテッドバスの3種類が混在するリザーバーです。複雑な迷路のように入り組んだ形状が特徴の湖となります。

http://bransonland.com/table-rock-lake-area-where-it-is-fun-to-live-and-play/

https://jp.pinterest.com/franklin2/table-rock-lake/

予想されるこの時期のパターンは?

BassmaterのWebsiteによると、例年のこの時期の優勝パターンとしては、平均して1日18-22lbを釣った選手に分があるようです。

今年の傾向としては、17-19lb/Dayを釣り、3日間の合計が56-58lbになるのではないかと予想しています。

これが当たれば楽しいことこの上ないですね!?

そして、水不足から水位が下がり、普段クリアな湖がさらにクリアな状態にもなっているとか。そういったことからも、フィネスの釣りが中心になるかもしれません。

さあ、いよいよ日本時間の今晩から開催です!速報は是非、このサブイズム-Sabuismで御楽しみください!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援宜しくお願いします!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism