【今晩開幕】 B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ第1戦 Cherokee Lake@TN★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

昨日から関西の営業マンが来て色々と研修をしていただいています。

 

ここ最近関西の方と話す機会がなかったため、生の関西弁がとても新鮮で心地よいです(笑)

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster

スポンサーリンク

 

 

2017年B.A.S S.エリートシリーズ開幕!

さて、いよいよ今晩より2017年の待望のB.A.S S.エリートシリーズが幕を開けます!この日を待ちわびていた方も多くいると思います。
(資料はhttp://www.bassmaster.com/より拝借しています。)

サブイズム-Sabuism(旧完全サブ主義)は、2016年大会より速報並びにまとめ記事を報告してきましたが、昨年の記事は残念ながら当方のブログ移行に伴う不具合で全て消してしまいました。

そのため、改めてまた今年この2017年楽しく、タイムリーにより詳細なトーナメント速報を提供していきたいと思っています。

 

開幕のCherokee Lakeって?


https://en.wikipedia.org/wiki/Cherokee_Lake

現在のバスマスターエリートシリーズでは”初”の開催場所となるCherokee Lake。

1981年にあのRick Clunnが10位に入賞したことでも知られており、彼しか今のところオフィシャルには経験がないことになっています。(トーナメントにおいてという意味)このLake Cherokeeは洪水コントロール用のダム湖であり、多い時では、27フィートまで水位が上昇するようです。

【2017年B.A.S S. バスマスターエリートシリーズスケジュール】
http://sabuism.com/2017/02/09/re-2017bassmaster-eliteseries-schedule/

 

スポンサーリンク

オフリミット前の同湖の様子

大会の時には平常時の水位に戻る模様。

大会中の天候

平年よりは寒く無いそうですが、天候は良くなそうです。

10フィートロッド解禁!

そして昨年からちょっとした話題になっているロングロッドの容認化。

これも一つのトピックですね!

2017年のエリートシリーズルールにしっかりと10フィート以内の記載が記載されていました。ハイライト部↓。

さあ、いよいよ明日からですね。

大森選手、清水選手の動向はもちろん気になりますが、やはりケビン・バンダム選手、リック・クラン選手等の動きもきになりますね!

ではまた月曜日の朝です!

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism