Great!!深江真一選手セミファイナルへ!【速報 Day2】 FLWツアーシリーズ第1戦 in Lake Guntersville@AL州★

おはようございます。サブイズムです。

大阪フィッシングショー真っ只中ですね。会場の熱気は凄まじいものと思います。今日明日と楽しい週末をお過ごしください!

下記情報はFLW Websiteを参照にし、写真を拝借しています。
https://www.flwfishing.com/

 

やってくれましたね!深江真一選手!

Facebookページにて速報を載せていた時に5位を維持(写真は3位時点)でしたが、何とかこれをキープ!これで上位20名が出場可能なDay3に駒を進めることが出来ました!!Great Shin! We proud of u!

さあ、どのような釣りをしたかは詳細不明ですが、2日目は5匹で16lb-6を釣り上げ、合計で34lb-10pozです!匹数はもちろん10匹。

スポンサーリンク

TOP10まで行けそうな兆しも見える為、日本かあ要応援です(*‘∀‘)

まさかのJay Kendrickの首位陥落

そして、初日橋脚パターンで見事に首位を獲得したKendrick選手ですが、二日目はこの時期特有なLake Guntersvilleの低温と強風にやられてしまったようです。なんとTOP20にすら残れていない結果に。。。

これがトーナメントの恐ろしさであると思います。

初日に使用していたルアーはこちらでした。

最終順位は以下の26位でした。次回以降期待しましょう!

26 JAY KENDRICK GRANT, AL 25 – 12 (5) 3 – 2 (1) 28 – 14 (6) $10,000

首位はMark Rose選手!

https://www.flwfishing.com/news/2017-02-03-rose-races-ahead

なんと2日間20lb台をマークしてきたのは彼ただ一人!
彼は幾度となく、このLake Guntersvilleの大会でTOP10入賞をしてきた選手で有名です。かなりの実力派。

そして、この時期のLake Guntersvilleの勝ちパターンの履歴として、過去数年にわたり橋脚パターン湖中に根を生やすEel grass(アマモ属のウィード)の急速に出てくる新芽パターンが殆どでした。

そして、彼はKendrickのパターンは1-2日しか爆発力を持たないだろうとふんでおり、伝統的な釣法で自信のある確実な4-6フィート(1.2m~1.8m付近)のHydrilla grass(クロモ属ウィード)の中にバスのスポーニングするステージングエリアがあると踏んで、そこに焦点を当てた釣りをしていました。どうやら、下記クランク以外にもJIGを使用していたようです。

下記ではクランクを使用しています。
https://www.flwfishing.com/news/2017-02-03-rose-races-ahead

これが明日以降も吉とでるでしょうか!?

プロTOP20位の顔ぶれ

1st:        General Tire pro Mark Rose, West Memphis, Ark., 10 bass, 42-8
2nd:       Bryan Thrift, Shelby, N.C., 10 bass, 39-8
3rd:        Barry Wilson, Birmingham, Ala., 10 bass, 36-6
4th:        Justin Atkins, Florence, Alabama, 10 bass, 36-4
5th:        Yamamoto Baits pro Shinichi Fukae, Palestine, Texas, 10 bass, 34-10

6th:         Randy Blaukat, Joplin, Mo., 10 bass, 34-7
7th:         Alex Davis, Albertville, Ala., 10 bass, 34-4
8th:         Jason Reyes, Huffman, Texas, 10 bass, 34-2
9th:         Livingston Lures pro Andy Morgan, Dayton, Tenn., 10 bass, 34-1
10th:       Scott Suggs, Alexander, Ark., 10 bass, 33-13
11th:       Jordan Osborne, Longview, Texas, eight bass, 33-11
12th:       Chris McCall, Palmer, Texas, 10 bass, 33-8
13th:       Todd Hollowell, Fishers, Ind., eight bass, 33-7
14th:       Jeff Sprague, Point, Texas, nine bass, 32-10 
15th:       David Dudley, Lynchburg, Va., nine bass, 32-6
16th:       Christopher Brasher, Longview, Texas, 10 bass, 32-1
17th:       Darrel Robertson, Jay, Okla., 10 bass, 31-15
18th:       Power-Pole pro Cory Johnston, Cavan, Ontario, Canada, 10 bass, 31-12
19th:       Brandon Cobb, Greenwood, S.C., 10 bass, 30-5
20th:       Bradley Dortch, Atmore, Ala., 10 bass, 29-15

コ・アングラーTOP10の顔ぶれ

コ・アングラーは2日間のみの出場となりますので、ここで終了です。

結果ですが、何と日本人アングラーでゲーリーがサポートする岩堀航選手がTOP10に入賞しました!おめでとうございます!

スーパーサラリーマンアングラーのなべさんですが、残念ながらDay2のコンディションの影響を受けたのでしょうか、1匹のみのウェイインとなり、1lb-10ozの結果となり、最終順位は91位。次回に期待です!

渡辺選手のブログ:なべさんの日記

1. Jeff Ragsdale – Gardendale, Ala. – 30-6 (9) – $20,100
2. Benjie Seaborn – Guin, Ala. – 24-9 (8) – $7,500
3. JP Sims – Cookeville, Tenn. – 23-10 (9) – $5,000
4. Cody Hammontree – Flat Rock, Ala. – 22-7 (8) – $4,050
5. Rod Huff – Monterey, Tenn. – 20-7 (5) – $3,000
6. Brian Hutcheson – Russellville, Ky. – 19-13 (6) – $2,500
7. Keith Honeycutt – Temple, Texas – 19-12 (7) – $2,000
8. Allen Armour – Cumming, Ga. – 19-12 (7) – $1,800
9. Scott Towry – Lawrenceburg, Tenn. – 18-13 (6) – $1,700
10. Wataru Iwahori – Palestine, Texas – 18-8 (6) – $1,600

岩堀航選手とは?

http://www.gary-yamamoto.com/family/profile/iwahori.html

もともとJBに所属していたプロであり、TOP50にも2012年まで参加されていましたが、それを辞めて?2013年からFLWツアーのコ・アングラー部門に参加されており、その年のチャンピオンシップにも出場している実力派の若手アングラーです。

何とサブイズム-Sabuismと同い年です(笑)凄すぎます!

これから岩堀選手も追いかけていきます!皆さんも宜しければ、彼のブログを御覧ください!

岩堀選手のブログ:ブラっと寄り道釣り日記

Appreciation!!

サブイズム-Sabuism

*記事を気に入っていただけたら、Facebookページにて「いいね!」を押していただけると幸いです。皆さんの応援宜しくお願いいたします!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism