【保存版】2017年FLWツアー開催場所をチェック!

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

早いもので、FLWツアーシリーズですが、何と来月2月2日のLake Guntersville戦からスタートします。(昨年は2月4日からスタート)いやはやなんと早いこと。

その一週間後はバスマスターエリートシリーズの第1戦が控えております。

エリートシリーズは、2016年が3月中旬からスタートしたことを考えると、今年は全体的に早めの開催となっています。

そして、3月にはバスマスタークラシックがありますね!新製品の発表があるこの時期を終えると、息つく間もなくトーナメントがスタートします。いよいよホットなシーズンが到来ですよ!

スポンサーリンク

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

さて、2017年のFLW Tourシリーズの詳細を見ていきましょう。

(参考資料)

2017-flw-tour-schedule
FLWHP: 
https://www.flwfishing.com/tournaments/flw

2017年スケジュール

2017年は全部で8戦となっており、165名のプロアングラーが参加する予定です。もちろん、我らの深江真一選手(Blog)も名を連ねております。そしてコアングラーでは渡辺裕之選手(Blog)がいらっしゃいます。
お二人は立場は違えど、同じトップカテゴリーに出場する選手同士。今年の活躍も大変楽しみです!

出場選手リスト 

https://www.flwfishing.com/tips/2017-01-10-2017-flw-tour-roster

第1戦 Lake Guntersville(レイク・ガンターズビル)(2/2-2/5)


https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g30584-d114779-Reviews-Lake_Guntersville_State_Park_Lodge-Guntersville_Alabama.html

言わずとしれたアラバマ州にある超有名なレイクですね。かつて、田辺哲男がガンタージグのネーミングを思いついた思い出のある湖。ここが初戦となります。2014年2月下旬にバスマスタークラシックが開催されました。その際の優勝者はあのDaiwaサポートのRandy Howell選手。67lb8ozで見事に優勝しました。さあ、今回はそのウェイトを超えるのか!?

http://www.bassmaster.com/tournaments/2014-bassmaster-classic

第2戦 Lake Travis(レイク・トラビス)(2/16-2/19)


http://www.austinreferralrealty.com/lake-travis-real-estate.php

人の名前みたいですね(笑)テキサス州のオースティン近くに位置する湖です。Texas Tournament Zoneというテキサス州のローカル大会でも活用されている湖のようです。

御興味のある方はTexas Tournament ZoneのHPをどうぞ。

第3戦 Harris Chain(ハリスチェーン)(3/9-3/12)

https://mikerance.wordpress.com/tag/harris-chain-of-lakes/

FLWツアーシリーズでは2011年3月下旬以来の開催地となります。場所はフロリダ州オーランド。ディズニーランドがあるオーランドの空港から約50分ほどの位置に存在する大変アクセスの良い釣り場となります。2011年大会では地元フロリダ州のJIM FOLKS選手が23lb11ozで優勝しています。なんとローウェイトなことでしょう。。

第4戦 Lake Cumberland(レイク・カンバーランド)(4/6-4/9)


http://www.statedock.com/visit-the-marina/

ケンタッキー州南部に位置するリザーバーとなります。2016年5月にT-H BFL(Bass Fishing League)が開催されており、テネシー州出身のJB KING選手が優勝しています。その時のKeyポイントはスモールマウスバスの攻略だったとのこと。泥と砂利が入り混じったスモールに好都合なストラクチャー(地形)をズームのワームをシェイキーヘッドで釣り上げた模様。今年は1ケ月早いため、スモールは恐らくプリスポーンとなっているのでしょうか!?

第5戦 Beaver Lake(ビーバーレイク)(4/27‐4/30)


https://jp.pinterest.com/pin/135882113730223256/

2016年の4月下旬に大会が開催されてこの時は、Scott Canterbury選手が見事に優勝しました。今年も同様に4月下旬の開催となります。Scott選手の必勝パターンはスポーニングポケットにジグを投入していくパターンでした。

2016年4月末大会の上位10名の勝ちパターン
https://www.flwfishing.com/news/2016-04-19-beaver-lake-top-10-patterns

第6戦 Mississippi River(ミシシッピリバー)(5/18-5/21)

http://www.riverlorian.com/mississippiriver.htm

ミネソタ州を源泉としてメキシコ湾に注ぎ込むミシシッピ川。今回の場所はウィスコンシン州からのスタートとなります。ミシガン湖の西となります。2016年9月上旬にバスマスターエリートシリーズが開催されました。その際の優勝者は、Ott Defoe選手でした。63lb近く釣り上げています。今回は5月なので、アフター狙いでしょうか!?

第7戦 Potomac River(ポトマックリバー)(6/15-6/18)


参照ソース

東海岸に存在し、チュサピーク湾に注ぎ込むPotomac River。場所はメリーランド州になります。丁度バスマスターエリートシリーズにて8月に大会が開催され、Justin Lucas選手が優勝した試合となります。桟橋へのスピニングフィネスリグ投入パターンは記憶に新しいと思います。

Justin Lucas選手のトロフィーフィッシュ映像がこちら。デカい!
http://www.bassmaster.com/video/justin-lucas-catches-his-100000-fish

第8戦 Forest Wood CUP(フォレストウッドカップ) (8/11-8/13)


https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g29976-d1024994-Reviews-Lake_Murray_State_Park_Lodge-Ardmore_Oklahoma.html

カリフォルニア州にあるLAKE MURRAYにて開催されます。2016年の2月にT-H BFL(Bass Fishing League)が開催されました。サウスキャロライナ州出身のHampton Anderson選手が優勝しています。写真を見る限りかなりのクリヤーウォーターですね。雰囲気はやはりカリフォルニア(西部)の景色になっています。

まとめ

さて、8つのフィールドを簡単にですが、過去の実績をもとに解説をさせていただきました。いよいよあと3週間程でツアーが開幕します。深江選手、渡辺選手の活躍が大変楽しみです!

深江選手ですが、そろそろAOY獲得見てみたいですね!

それでは、また!

Appreciation!!

サブイズム-Sabuism

*記事を気に入っていただけたら、Facebookページにて「いいね!」を押していただけると幸いです。皆さんの応援宜しくお願いいたします!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳のお仕事引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism