【参照】バスマスターエリートシリーズ参加者条件の現状★

おはようございます。サブイズムです。

昨日はニジマス釣りに3時間ほど行ってきました。久々に魚も触れたことで当方のテンションも上がりました。2匹でしたがラスト1匹がその日の中ではよい方の方だったのでまあまあ満足でした。ですが、マス釣りは簡単ではありませんね(笑)修行が必要だと痛感しました。また詳細は別にレポートします。

B.A.S.S.の2017年人選

先日紹介した2017年記事の中でルール部分には別で触れることとしていました。今回その部分について見ていきたいと思います。

記事内容は以下のBassmaster Webを参考に執筆しています。
http://www.bassmaster.com/news/2017-elite-series-field-announced

現状のクオリファイルール

B.A.S.S.のルールによると、AOYランキングで上位70名に残った場合、自ら辞退しない限り、翌年のエリートシリーズクオリファイされる。

スポンサーリンク

そして、ノーザン・セントラル・サザンの3オープントーナメントから15名の選手(上位5名/各大会)がエリート参加資格を入手する。

残りの人員については、過去の経歴を参照にCome backする制度がある。今回日本人アングラーで清水盛三選手が70名圏外に居たにもかかわらず、2017年にクオリファイされているのはその為。

もちろん、落選する選手もおり、今季で行けば14名の選手が翌年にはクオリファイされないこととなった。(得点もさることながら、Davy Hiteのように、バスマスターTVのコメンテーターになる者もいる。)

来季は111名の選手が参加するが、エリートシリーズでは過去に多くのオープンアングラーを受け入れてきた結果、人員が自然に減るような体制になっていないと、トーナメントディレクターのTrip Weldon氏はいう。

そういうこともあり、このたび14名もの落選者がいる。(本文では9名となっているが、当方が調べた結果では14名、5名は他の理由と思われる。)

2016年ランキングから見る選手の変遷

では具体的に選手の移り変わりをみていく。
2016年のAOYランキングを左側に、2017年の参加者リストを右側に配置して、その比較を見ていく。

ハイライトの意味は以下の通り。

水色・・AOY TOP70でクオリファイのアングラー
黄色・・過去実績で再クオリファイのアングラー
紫色・・落選してしまったアングラー
色無・・オープン戦からの参加者(*マークはルーキー)とLegend枠

まずはTOP70名まで

画像を伸ばしているため、多少ぼけていますが、ご容赦願います。

スポンサーリンク

そして、71位~ラスト110位まで

大きな変遷となっていることが見えますね。

特にバーニー・シュルツ選手は100位でしたが、過去の功績もあり、
来季も残ることとなりました。嬉しい限りです。

バーニー選手のコラム参考までにどうぞ! The Left vs the right

【前編】http://sabuism.com/…/lefthandle-vs-righthandle-bernie-schu…/
【後編】http://sabuism.com/…/lefthandle-vs-righthandle-bernie-schu…/

まとめ

来季も多くのドラマが待ち受けていると思います。

2016年でいうRick Clunn選手のレジェンド優勝、Kevin Vandam選手の復活3連勝、大森貴洋選手10年ぶりのエリート優勝、Gerald Swindle選手のAOY獲得等、また多くのドラマが生まれることでしょう。

来年のトーナメントは2月のLake Cherokeeからスタートします。

来年までの下準備が出来るように、様々なコラムをこのSabuismにて公開していきますので、お楽しみに!

Thanks for your reading & all decision making depends on you.

サブイズム-Sabuism

*記事を気に入っていただけたら、Facebookページにて「いいね!」を押していただけると幸いです。皆さんの応援宜しくお願いいたします!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/?fref=nf


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism