【確認途中】バスマスターエリートシリーズAOYポイントランキングの謎

おはようございます。サブです。

 Twitter フォロアーのムクドリさんからAOYポイントランキングについての
ご質問があり、当方でも少し調べてみました。

elite-series-logo_2
サウザー ショートバウデッキ SOUTHER 品番48124 【レンタルバウデッキ】

超最新のAOYランキングは以下。

その一つ前に書いた記事がこちら。

ここで気になるのが、1位のGerald Swindle選手のポイントに大きなん変化がない点。
2つ目のAOYrランキングでは、まだPotomac River戦が終了していませんでしたが、
なぜか、終了後のAOYでは順位が下がっています。今744P、1つ前747Pでした。何故???

現在のB.A.S.S.のポイント制度については、出場選手からの申し出もあり、2016年の1月に
ルール改定が実施されました。参考はこちら↓
https://www.bassmaster.com/news/elite-point-system-revised-2016

2015年までのエリートシリーズでは、100位以下には一切のポイント付与がないシステムに
なっていました。

ところが、今年からは開催場所の規模に基づき出場選手全員にポイントが付与されるシステムに
変更されました。理由としては、高額なエントリーフィー(60万/1回、全9戦フル出場で計540万)
耐えかねている選手を救済する措置だという。例えば、120人出場の大会では、湖のサイズ規模も
考慮し、優勝者が120ポイントもらえると仮定すると、2015年までは100位以下は0ポイント。
しかし、2016からの現行ルールでは、最下位でも1Pは獲得できる模様。

現行ルールは理解できましたが、なぜ、ポイントが下がるのかは不明です。
こちら、もう少し調べてみたいと思っています。

*伊豫部健選手ですが、まだオープン戦での上位5名に食い込むことで可能性があるそうです。
DeeepStreamのKenDさんの記事はこちら!

そして、当方Twitterでフォロワーであるムクドリさんの最新の読みでは、清水盛三選手以外の
来季出場可否はまだわからないとのこと。

いづれにしてもMississippi River戦後には判明すると思いますが、このように色々と予想しながら
トーナメントを見るのも乙です。是非、皆さんと一緒に確認していきたいと思います!

以上途中経過でした。

サブ

【取り寄せ商品】【レンタルボートセット】エレキ用キャリーバッグプレゼント!モーターガイド/X3-45-36inch+サウザーレンタルバウデッキセット

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク