【マイケル・アイコネリ コラム】ポストスポーンのギルバイト★

お早うございます。サブです。

本日は家探しに出かけていました。
何処に住もうか悩みますね~。車も必要ですし。
バサーではありますが、 プリウスを検討しています。
あのスタイリッシュなデザインと燃費性は魅力的です。

【最大24,000円OFFクーポン配布中★6/1 01:59迄】Valenti ジュエル LED テールランプ クリア&クローム/プリウス 30系/TT30PRI−CC−1
【最大24,000円OFFクーポン配布中★6/1 01:59迄】Valenti ジュエル LED テールランプ クリア&クローム/プリウス 30系/TT30PRI−CC−1 

さて、マイケル・アイコネリ選手のポストスポーン記事です。
ブルーギルのバイトをヒントに攻略するとはどのようなものなのでしょうか!?

 


————————————————————————————–(引用)

スポンサーリンク

The postspawn bluegill bite May 18, 2016
 

Before we get into the bluegill thing I
want to take the opportunity to congratulate KVD on his win. It was something
to watch. Going wire-to-wire is no easy thing. He deserves a ton of credit for
his performance last week and throughout his career. He can fish, and anybody
who thinks he’s slowing down had better think again.(
ブルーギルの事について話す前に、まず先週のKVDの勝利について御祝いをさせて頂きたい。それは素晴らしく見応えのあるものでした。終始独走し続けるのは容易ではありません。先週の彼のパフォーマンスそして、経歴を通じて、大きな称賛に値すると思います、彼は釣りますし、彼のスローダウンを考えていた人達は、再び良く思うようになるでしょう。)

Now, let’s talk about the postspawn
bluegill bite.

(でわ、バスのポストスポーン後のブルーギルバイトについて話したいと思います。)

The thing is that when the bass start leaving their beds the bluegills start spawning. Lots of times, especially if
the water’s high, that keeps the bass shallow. They tend to hang around where
the bluegills are and chow down on them for a while before they head on out.
They can rest and eat without traveling. If you’re a bass, or anything else I
suppose, that’s a good thing.(
それは、バスがベッドを離れ始めた際、ブルーギルがスポーニングが始まるということです。多くの場合、特に水温が高ければバスはシャローに居続けます。バス達はシャローを去るまで、ブルーギルの居る周辺をうろうろする傾向があり、暫くの間彼らをガンガン捕食します。)

The first thing we need to do to take
advantage of this is find the bluegill beds. Mostly they’re in protected,
shallow hard bottom areas. That’s usually way back in coves or backwater areas,
or sometimes it’ll be around docks or on the inside edges of points. The beds
are easy to spot. They’re smaller than bass beds, but look similar. And,
they’re in colonies. You won’t ever see one all by itself.(
この機会を活用する為に必要なはじめの一歩は、ブルーギルのベッドを探すことである。殆どの場合はシャローのハードボトムエリアで守られています。その場所は、大抵入江、又はバックウォーターエリア、又は時々ドックやポイントのインサイドレ辻周辺のこともあります。ベッドは簡単な場所にあります。バスのベッドよりも小さいのですが、見た目は似ています。そして、それらは集団の中にあります。決してはそれ自身ではベッドであるかは分かりません)

Once we find the beds all that’s left to do
is fish around them — shallow, deep and in between.(
一度ギルのベッドを見つけたら、後やることはその周辺を釣ることです。それは、シャロー、ディープであったり、その中間です。)

This is the way it was for a lot of us on
Toledo Bend last week. We targeted the bluegill bite and did fairly well when
all was said and done. The trick was to throw the right bait. That meant
picking the right color and size.(
先週Toledo Bendoにて我々の多くがこの方法をとっていました。何といっても、我々はブルーギルのバイトをターゲットにしバイトを得、かなり良い結果を得ました。コツは正しいルアーを投げることだ。とどのつまりそれは、正しい色とサイズである。)

Color is a funny thing with bluegills. They
aren’t all the same and some of the commercially available colors that are
called bluegill don’t look anything like the real thing. I prefer to look at
the local bluegills and then pick a color that looks like them regardless of
what the manufacturer calls it.(
ブルーギルカラーについては面白い事が言える。それは全て同様の色ではなく、商業用のブルーギルカラーと呼ばれているものは、本物のそれとは全く似ていないからだ。私の好むやり方は、ローカルのギルカラーを見る事で、そこでメーカーがどんな風に呼ぼうともその色に近いものを選択します。)

Size is just as important as color.
Bluegills aren’t all that small as forage goes. Some of them are surprisingly
big and bulky. Don’t lose your perspective just because they aren’t as big as
bass.(
カラー同様にサイズも重要です。ブルーギルは必ずしもベイト同様に小さいとは限りません。幾らかのブルーギルは、驚く位大きく肥えていることもあります。バスと同様にギルは大きくならないので為、期待を失わないでください。)

In my case the right bait was a Berkley
Havoc Devil Spear in green pumpkin or a Pit Boss in Okeechobee craw. I used the
full-size version of each bait. They both make a darn good bluegill. Honestly,
they looked like the real thing swimming around in Toledo Bend.(
私の場合、使用ルアーはバークレイのHavoc Devil Spearのグリーンパンプキンカラ乃至はHavoc Pit Bossのオキチョビクローカラーを使用します。それぞれ最大サイズを使用します。それらは共に良くブルーギルに似ていた。正直、Toledo Bendで泳いでいたブルーギルそのものでした。)
【US直輸入】【ネコポスOK】デビルスピアー4インチ Devil Spear4” バークレイ ハボック Berkley HAVOC☆
【US直輸入】【ネコポスOK】デビルスピアー4インチ Devil Spear4” バークレイ ハボック Berkley HAVOC☆
 
【US直輸入!!】【ネコポスOK】ピットボス5インチ Pit Boss5”バークレイ ハボック Berkley HAVOC☆
【US直輸入!!】【ネコポスOK】ピットボス5インチ Pit Boss5”バークレイ ハボック Berkley HAVOC☆
 

I flipped and pitched mine into both deep water
and shallow shoreline cover. I think Ish Monroe did pretty much the same thing.
Some of the guys were catching their bass on topwater baits. I didn’t do that
so I can’t say for sure but I’d guess that the bass they caught thought they
were attacking bluegills.(
それらをディープウォーターやショアラインのシャローカバーにフリップ&ピッチングで入れていきました。イッシュ・モンロー選手も殆ど同じ事をやっていました。他では、トップウォーターでキャッチしている人もいました。私はやらなかったので確かなことは言えませんが、彼らの釣りあげたバスは、ブルーギルだと思ってアタックしたものと思います。)

Something that you might want to stick in
the back of your mind is that the shallow bite was better once the sun was up.
I think that was because the bass were using the shade lines as ambush points.(
頭の片隅に置いておきたいものとしては、日が昇った際にはシャローウォーターがベターだと言う点です。なぜならそれは、バスが餌を待ち伏せするポイントとしてシェードを活用するからです。)

All of this is an excellent example of what
I’m talking about when I say that we all have to fish the moment. Regardless of
what we think the bass should be doing, or what we’ve been lead to believe
about them, we have to pay attention to what they are actually doing. It’s the
only way I know of to consistently catch them.(
トーナメンターはその瞬間に釣らなければならないと私が言う際、私が話したこれらの全てはエクセレントな例といえます。バスが何をしているか又はそれについて同賛同してもらうかにかかわらず、我々は、バスが実際にどのようにしているのかに注意を払わなければなりません。それは、私がバスをコンスタントに獲る為に知っている唯一の方法と言えます。)

————————————————————————————————(引用終了)

さて、如何でしたでしょうか?
当方もブルーギルの猛攻に悩んだ事がありましたが、このように活用するのがセオリーなんですね。
是非活用してみたいと思いますが、とはいっても荷物も来ないし、試すのは来年かなあ(笑)

サブ
【16新製品】ダイワ 16 スティーズ SV TW 1016SV-SH(右)(58800)【即納可能】
【16新製品】ダイワ 16 スティーズ SV TW 1016SV-SH(右)(58800)【即納可能】


スポンサーリンク



スポンサーリンク